海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 産経新聞とデータアーティスト、AIで新聞広告の配置を最適化するシステム開発

Tech

産経新聞とデータアーティスト、AIで新聞広告の配置を最適化するシステム開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社産業経済新聞社とデータアーティスト株式会社(以下、データアーティスト)は、AIを活用して新聞広告を紙面に配置するシステム「AI割付」を共同開発しました。

広告配置には大きな作業負担が

新聞広告は広告主の要望に応じて、掲載日や掲載面などを勘案しながら配置されています。特に、ダイレクト通販などの直接的な反響を求める広告主は、同一業種や類似製品の広告と同じ日に掲載しないよう要望を出すことが多いようです。

これまで、こういった要望やカラー・モノクロ掲載の調整などはすべて人手でおこなっており、大きな作業負担がかかっていたといいます。

広告配置を効率的かつ最適に

そこで両者は、広告配置に必要な諸条件を読み込ませるだけで瞬時に割り付けを完成させる「AI割付」を開発。一連の作業でかかる膨大な調整事項を軽減し、より効率的かつ最適な紙面割付を目指します。

また今後は、さまざまな外部情報を加味した広告掲出を実現するシステムへと進化する構想もあるとか。たとえば、梅雨明けのタイミングに合わせてアイスクリームの広告を出すなど、時宜を得た広告を掲出することで読者にとっても有意義な広告を展開したいとのことです。

データアーティストのAI

今回開発に携わったデータアーティストは、AIを活用したマーケティング支援やAIモジュール事業、DX支援を展開する電通グループの企業。

これまで、動画を撮影しながらリアルタイムにモザイク処理ができるAIや、ミーティング時の会話を自動分析してアイデアにつながる画像・キーワードを画面に表示するAIツールなど革新的な技術を生み出してきました。

また、株式会社マスヤにAIを提供し、“やみつきになる究極の味”を追求した新商品「おにぎりせんべい AIせんべい」の開発にも協力しています。

PR TIMES(1)(2)(3)(4
データアーティスト株式会社

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報