海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 100秒間の考えごとを1000円で。脳波買い取りセンター「BWTC」の展示企画が面白そう

Tech

100秒間の考えごとを1000円で。脳波買い取りセンター「BWTC」の展示企画が面白そう

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社コネル(以下、コネル)は、市民から脳波を買い取り、そのデータから適正に収益化を図るプロジェクト「BWTC」を発足しました。

来場者から脳波を買い取ると同時に脳波絵画を展示する「BWTC Trade Week」を、2022年7月30日(土)〜8月7日(日)の期間、東京都千代田区のアートセンター「アーツ千代田3331」にて開催します。

「100秒間、何を考えているか」を買い取り

BWTC Trade Weekは、年齢・性別・国籍・職業など個人の属性に依存せず、どんな人の脳波も一律「100秒間1000円」で買い取るイベント。入場条件は一切なく、誰でも無料で入場できます。

買い取りの際は、来場者が自動買取機に入力した「100秒間、何を考えているか」という思考情報だけを読み取るため、個人を特定する情報を取得することはないとのこと。

なお、期間中は最大100万円(10万秒分)まで買い取りを実施し、上限に達した場合は脳波絵画の展示即売会を楽しめます。

また、開催初日の7月30日(土)は、医学博士の藤井直敬氏と開発ユニット「AR三兄弟」の長男である川田十夢氏によるトークセッションを、7月31日(日)~8月7日(日)の期間はキュレーターによるガイドツアーをおこなう予定です。

脳波絵画の受注販売を実施

BWTC Trade Weekの会場では、脳波を買い取るだけでなく、脳波データによって描かれた「脳波絵画」を展示します。

脳波絵画は、BWTC Trade Week開催以前に買い取った脳波データから生成されたビジュアルデータをもとに、株式会社アマナの美術プリント工房「FLAT LABO」のプリント・加工技術によって仕上げたもの。

脳波絵画のすべては、計測時の思考情報および提供者のイニシャル、買い取り日時や位置情報が刻印され、唯一性のある作品として所有することが可能です。

そのほか、会場で買い取られた自身のデータを用いた脳波絵画の受注販売を受け付けます。将来的には、今回のBWTC Trade Weekにて買い取った脳波データを絵画以外の形態へ変換し、発表・販売する可能性が見込まれているようです。

「可能性の創造」をコンセプトとした制作

コネルは「可能性の創造」をコンセプトに、これまでさまざまな制作を展開してきました。

2022年1月には、アーティストユニットの山崎阿弥+マイケル・スミス-ウェルチュの2人とコラボレーションし、人を見つけてざわめくインスタレーション「lost in the wind rose」を発表。コネルはアーティストの作品コンセプトに共感し、世界観をつくり出すための技術支援をおこないました。

同年4月には、知財図鑑・NEC・大阪大学大学院医学系研究科・MaiND Labらと共同で、個人ごとの感性イメージを画像化・数値化する技術「心的テンプレート」を活用したメガネ“SHUTTER Glass”を研究・開発。

試作では、絵画の好みから美しさの心的テンプレートを生成して、その人が美しいと推察される花を提示するデモンストレーションを実装しました。

PR TIMES(1)(2)(3)(4
BWTC Trade Week

(文・Haruka Isobe)

※記事初出時の一部記載に、事実と異なる記載がございました。
ご迷惑をお掛けした読者の皆様、ならびに関係各位に深くお詫び申し上げます。
(修正日時:2022年6月28日11:01)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報