海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise フジテレビ、ドラマ本編映像内に広告を合成表示するサービス始動。“中断”なしの視聴体験提供

Enterprise

フジテレビ、ドラマ本編映像内に広告を合成表示するサービス始動。“中断”なしの視聴体験提供

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社フジテレビジョン(以下、フジテレビ)は、英国MIRRIAD社と共同で、配信コンテンツ向け広告情報サービス「iCADs」を開発。実証実験を経て、6月17日(金)からFODで無料配信しているドラマ「30禁 それは30歳未満お断りの恋。」で本格始動します。

映像内に広告コンテンツを合成

「iCADs」は、動画コンテンツ本編内に広告情報を付与するAVOD(広告情報付き無料動画配信)の新しい形。

通常のAVODは、動画の前後や途中にインストリーム広告が入りますが、iCADsでは本編内の映像に広告コンテンツを合成します。

たとえば、実際には何もない建物の壁に商品ポスターなどを合成し、その前を俳優が歩くことで広告効果に期待できるというわけです。

これにより、視聴者は動画を中断することなく楽しめ、広告情報を作品の一部として認識できるでしょう。

映像内広告の課題をAIで解決

配信コンテンツなどでは、映像内に商品を露出して広告効果を狙う“プロダクトプレイスメント”という広告手法があります。

しかし、収録時に実際の商品を設置するのが一般的なこの手法では、商品情報の露出コントロールやコンテンツ制作進行のバッティングなど多くの留意点が出てくるため、費用や期間などが課題となっているようです。

そこで両社は、AIを活用してこれらの作業を数日間で実行するiCADsを開発。作業効率化に加え、カメラの動き・背景・露出時間などを自動解析することで最適な広告配置を提案することもできるといいます。

将来的には、視聴者の属性に応じた広告配置やコンテンツとインストリーム広告のスムースな連携を実現すべく、検証を進める構えです。

ミュゼプラチナムのポスターを確認

このたび、iCADsの対象となったドラマは、6月17日(金)0時よりFODなどで無料配信。FODではiCADsを活用していない通常版を配信し、TVerとGYAO!にてiCADs版を配信するとのことです。

たとえばTVerの第1話では、冒頭シーンであるオフィスの壁に株式会社ミュゼプラチナムのポスターが合成されています。「あの広告は合成されている」という目で見ても違和感はありませんでした。

ちなみに、今年2月~3月に実施した実証実験では、SDGs関連ドラマ「木のストロー」のiCADs版を配信。株式会社アキュラホームの関連広告やフジテレビが取り組むSDGs関連情報を合成しました。

PR TIMES
株式会社フジテレビジョン

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報