海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 社内で埋もれがちな個人のスキルを共有。ナレッジ経営クラウド展開のanyが資金調達

Enterprise

社内で埋もれがちな個人のスキルを共有。ナレッジ経営クラウド展開のanyが資金調達

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ナレッジ経営クラウド「Qast(キャスト)」を運営するany株式会社(以下、any)は、DIMENSION、​​Archetype Ventures、みずほキャピタル、ICMG Partners、新生企業投資を引受先とした第三者割当増資により、総額4.5億円の資金調達を実施しました。

同社は調達した資金を、全職種での採用強化にあてるとのことです。

質問・メモを投稿しナレッジを共有

「Qast」は、社内に埋もれている個人のノウハウやナレッジを引き出し、組織全体のパフォーマンスを向上するナレッジ経営クラウド。業務やノウハウの属人化を防ぎ、いつでも誰でも社内のナレッジにアクセスすることが可能です。

Qastでは投稿画面から質問を投稿したり、社内で得た知識やスキルを自発的に書き残したりすることで、ナレッジを残すことができます。AIが投稿する本文を解析して自動でタグ付けするため、表記ゆれの確認や手動でのタグ付けといった作業の手間はかかりません。

ちなみに、検索方法はタグ検索のほか、「管理本部」「営業本部」「開発本部」など、部署やカテゴリごとの「フォルダ」をたどって検索する方法や、キーワード検索などがあります。

ナレッジの貢献度・個人のスキルを可視化

Qastには、ナレッジの貢献度を可視化する「スコア機能」を搭載。投稿数やリアクション数に応じて、スコアランキングを掲載します。

また、「ダッシュボード機能」では、投稿・閲覧の分析結果を表示。「誰の」「どんな投稿」が役に立っているのかを確認できます。

さらに、全ユーザーの投稿データやスキルを表示する「ユーザープロフィール機能」から、組織のなかで「誰が」「何に詳しいのか」を把握できるため、「誰に質問すべきかわからない」という事態を防げるでしょう。

資金を人材採用・マーケティングに活用

anyによる今回の資金調達は、全職種(ビジネス、開発、コーポレート)における体制強化を図るための人材採用と、ナレッジマネジメントを組織に浸透させるために一連のサイクルを回す独自の仕組み「Qastサイクル」の開発推進を目的としています。

また、Qastそしてナレッジマネジメントを世のなかに普及させるために、広告をはじめとするマーケティング費用へ投資するとのこと。

anyは「チームシップが根付いた世の中に」というビジョンを実現するべく、事業拡大のスピードを加速すると語り、今後はQastの機能拡充をおこなう予定です。

PR TIMES
Qast

(文・Haruka Isobe)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報