海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 利用規約や同意情報の一元管理SaaS、リクルートと弁護士ドットコムが共同開発開始

Enterprise

利用規約や同意情報の一元管理SaaS、リクルートと弁護士ドットコムが共同開発開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
弁護士ドットコム株式会社は、株式会社リクルートと業務提携契約を締結し、企業の利用規約やプライバシーポリシーの適切な管理支援を目的としたサービス「termhub(タームハブ)」の共同開発を開始しました。

利用規約と同意状況を一元管理「termhub」

「termhub」は、利用規約やプライバシーポリシーなどの作成・掲載・更新と、それらに対するユーザーの同意状況をワンストップで管理できるクラウドサービス。

さまざまなページに掲載されている各規約をtermhub上にまとめることで、どの規約を、いつ、どこに、どのように公開するのかを、一元管理できます。

また、各規約に対するユーザーの同意情報は、termhubのデータベースに蓄積され、企業は閲覧したり出力したりすることができます。どの規約に、どのユーザーが、いつ同意したのかも、合わせて管理できるというわけです。


規約やプラポリ管理における業務負荷増大

2022年4月施行の改正個人情報保護法において、個人の権利利益を害するおそれがある個人情報が漏えいしたときに、企業は個人情報保護委員会への速やかな報告と本人への通知が義務付けられるなど、個人の権利保護が強化されました。

企業はサービス利用者に対して、ますます誠実に向き合うことが求められています。

一方で、企業が各規約を正しく運用しようとすればするほど、法務などの管理部門の規約や同意情報の管理は複雑になり、業務の負荷が高くなるという課題があるといいます。

このような課題に対して、termhubは、利用規約や同意情報の管理業務を支援し、法務担当の負荷を軽減することで、企業がユーザーと誠実な関係を構築する社会の実現に貢献するとしています。

リクルートの新規事業提案制度から誕生

termhubは、リクルートが2021年4月から事業開発を進めてきたサービス。2020年度に、同社の新規事業提案制度「Ring(リング)」で起案されたといいます。

今回の共同開発では、弁護士ドットコムが保有する「クラウドサイン」などの法務向けSaaSの運営知見やリーガル領域における専門性と、リクルートの新規事業開発室内のノウハウを組み合わせることで、法務部門の業務や課題に適したサービスの拡張や利便性向上をめざします。

弁護士ドットコムとリクルートは、termhubの共同開発を進め、2022年10月より実証実験としてサービスの提供を開始する予定です。

PR TIMES
株式会社リクルート
個人情報保護委員会

(文・Saki Amano)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報