海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise CO2排出量を可視化する個人向けサービス登場。クレディセゾンからクレカも

Enterprise

CO2排出量を可視化する個人向けサービス登場。クレディセゾンからクレカも

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社DATAFLUCT(以下、DATAFLUCT)は、個人がカーボンニュートラルに向けた取り組みに参加できる世界の実現を目指す脱炭素事業群「becoz」より、個人のCO2排出量の可視化・オフセットが可能な「becoz wallet(ビコーズ ウォレット)」のVersion 1.0を、2022年6月2日(木)に提供開始しました。

アンケートから個人のCO2排出量を算出

becoz walletは、個人のCO2排出量を可視化する個人向けのサービスです。

購買や移動などに関する9つのアンケート回答をもとに、ライフスタイルを推定しCO2排出量を算出。ユーザーは自分の排出量と日本人平均とを比較することが可能です。

また、becoz walletは削減しきれなかったCO2排出量を、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資する「カーボン・オフセット」をおこなう機能を搭載。

ユーザーは「森林環境プラン」「再エネ促進プラン」「省エネ促進プラン」のなかから、自分が投資したいプランを選択して、購入することができます。

クレジットカード「becoz card」と連携

becoz walletは、DATAFLUCTと株式会社クレディセゾンが同日より提携発行する、気候変動対策コンセプトクレジットカード「SAISON CARD Digital for becoz(以下、becoz card)」と連携するという使い道も。

becoz cardは、決済データをもとにCO2排出量を算出する、カーボンニュートラル実現のためのクレジットカード。becoz walletとbecoz cardを連携することで、利用明細ごとにCO2排出量を確認したり、前月との差分を確認し、比較したりすることができます。

なお、becoz cardはプラスチックカードの発行はありません。

個人の環境負荷の把握・行動支援を提供

2021年、気候変動枠組条約締約国会議(COP26)で「産業革命前からの気温上昇を1.5度に抑える努力を追求する」という目標が採択されました。

この「1.5度目標」実現に向けて、120以上の国と地域が「2050年カーボンニュートラル」という目標を掲げ、取り組みを進めています。

そんななか、日本は2021年4月に、2030年度において温室効果ガス46%削減(2013年度比)を目指すこと、産業部門をはじめとする5部門のうち家庭部門については温室効果ガスを66%削減することを表明。

しかし、日本のカーボンニュートラルに向けた取り組みの多くは、企業や自治体などの組織が主体となって進んでおり、個人が自身の行動による環境負荷を把握し、実際に行動を変えたいと思った際にそれをサポートするサービスがないといいます。

こうした状況のなか、DATAFLUCTは個人が「1.5度目標」を満たすライフスタイルの選択を後押しすることを目指し、becoz walletを開発しました。

PR TIMES
becoz wallet

(文・Haruka Isobe)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報