海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Social Media ハリケーン“サンディ”の被害者と、ボランティアをいち早く結びつける災害掲示板「Yoink」

Social Media

ハリケーン“サンディ”の被害者と、ボランティアをいち早く結びつける災害掲示板「Yoink」

アメリカ随一の都市、ニューヨークを襲った巨大ハリケーン“サンディ”によって、周辺住民は大きな被害をこうむった。この災害を受けて、ニューヨークのスタートアップ企業たちが手を取り合い、被害に合った企業に仕事場やWi-Fi環境...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカ随一の都市、ニューヨークを襲った巨大ハリケーン“サンディ”によって、周辺住民は大きな被害をこうむった。この災害を受けて、ニューヨークのスタートアップ企業たちが手を取り合い、被害に合った企業に仕事場やWi-Fi環境などを提供し、「Yoink」というオンライン災害用掲示板を共同制作した。

ユーザーはFacebookにログインしたのち、「Yoink」にアクセスすると、必要な物資からボランティアの人手まで、さまざまな要望を「Yoink」に投稿することができる。サイト内にはカテゴリーページが設けられており、欲しい情報が検索しやすいよう工夫されている。また、いまだ電気が復旧していない人のために、要望を預かって、代理でサイト内にメッセージを投稿するサービスもおこなっている。

さらに「Yoink」では、物資提供や作業の手伝いなどをしたいと思っているボランティアの情報も掲載することができ、手助けが欲しい人と、手助けをしたい人を、リアルタイムでつなぐ架け橋となっている。

災害が起きたときに、素早く情報コミュニティを形成し、市民の手による、市民のためのサポート体制を築いたこの活動。自然災害の多い日本も、見習う点が多くあるのではないだろうか。

Yoink
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報