海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 旭化成、コンセプトカー「AKXY2」を発表。未来のクルマの価値を高める“3つのS”を体現

Enterprise

旭化成、コンセプトカー「AKXY2」を発表。未来のクルマの価値を高める“3つのS”を体現

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
旭化成株式会社は、コンセプトカー「AKXY」シリーズの新モデル「AKXY2」を発表。未来のクルマの価値を高める“3つのS”をコンセプトの柱として制作したとのことです。

なお「AKXY2」は、5月25日(水)~27日(金)にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2022」に出展されます。

基幹コンセプトは「Society」

コンセプトとなっている“3つのS”は、Society(社会とクルマのつながり)・Sustainability(持続可能なクルマづくり)・Satisfaction(クルマの満足度向上)です。

基幹となるコンセプトはSociety。変容する社会における未来のクルマの価値を提案します。AKXY2ではクルマの“空間”を再定義し、プライベート空間であり、リアルな体験・コミュニケーションを育む空間でもあるクルマの形を実現しました。

AKXY2の上半分はガラス代替樹脂で構成され、360度見渡せる仕様に。また、停車中の車内でくつろげるアイテムとして同社の「メフ(発泡ポリエチレン)」の発泡ビーズを入れたクッションも採用しました。

SustainabilityとSatisfaction

Sustainabilityも注目のテーマ。

先述のガラス代替樹脂の採用は、透明な樹脂に強度をもたらす新開発のコート剤により実現しました。また、環境負荷低減に貢献する塗装剤の使用など、生産・流通・廃棄といった各ステージの環境負荷を小さくする取り組みもおこなっています。

Satisfactionは、心身の幸福実感と深く結びついたテーマ。デザイン・環境・乗り心地・景色など満足度に関わる要素を高次元で満たす素材や技術を搭載しました。

たとえば、高分子技術と紡糸技術により開発したプラスチック製光ファイバ製品をインジケーターとしてカーシートに組み込んだり、三次元立体編物のフュージョンをシートに採用したりしています。

なお、AKXY2に搭載した素材や技術は、“3つのS”を重複して体現するものも多くありました。

こだわりのデザイン

「AKXY2」のデザインは、循環や自然のサイクルを象徴する「輪」を基調としています。外観は、同社のアルミペースト(メタリック顔料)を使用し、先進的で中性的に仕上げたようです。

また、同社子会社であるSage Automotive Interiors, Inc.の欧米拠点と連携し、カスタマイズ性の高い車室内装を実現。イスやテーブルなどを取り付けたり、空調設備やセンサーを搭載したりできるといいます。

さらに、同社CVC室の投資先であるUltraSense Systems, Inc.など社外企業とのコラボレーションにより搭載した、ドアとキャノピー部の開閉スイッチ機能や発熱シート機能もポイントです。

PR TIMES
「AKXY2」公式サイト

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報