海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 最速約45秒で調理! パスタ自動調理ロボット、プロント丸ビル新店舗で稼働へ

Tech

最速約45秒で調理! パスタ自動調理ロボット、プロント丸ビル新店舗で稼働へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
TechMagic株式会社(以下、TechMagic)と株式会社プロントコーポレーション(以下、プロント)の開発したパスタ自動調理ロボット「P-Robo」は、プロントが6月30日(木)に東京・丸ビルでオープンする新店舗「エビノスパゲッティ」にて稼働を開始します。

スピーディーに熟練の技を再現、AIで味の安定化も

「P-Robo」は、商品のオーダーから麺の茹で、具材・ソースの供給、調理、鍋の洗浄を自動化するロボット。調理状況の確認やレシピ更新などが簡単に行えるインターフェースも特徴です。

独自のアームで4つのフライパンを状況に合わせてハンドリングし、1食目は約75秒、連続調理時の2食目以降は約45秒でパスタを調理します。

ポイントは、独自開発した形状のフライパンと高出力IHによる短時間かつ均等な加熱。調理スピードだけでなく、熟練の調理技術を再現することにもこだわっています。

また、具材などの状態把握にAI画像認識を活用し、味の安定性を実現したようです。

プロント新店舗は、“速さ旨さに秘密あり”

そんな「P-Robo」が導入されるのは、「エビノスパゲッティ 丸ビル店」。“速さ旨さに秘密あり”とうたう、食事やお酒だけでも楽しめるプロントの新業態店舗です。

導入後は、従来の店舗と比較して1~2人の省人化を想定。人手不足が課題の食産業における新たな労働力として期待されているようです。加えて、厨房の密回避を図ることで安全な店舗運営を目指すといいます。

TechMagicのプロダクト

TechMagicは、「P-Robo」のように店舗厨房内で一連の調理工程を担う“調理ロボット”のほか、食品工場などで食品の定量盛り付けや洗浄後の食器仕分けといった作業を担う“業務ロボット”も開発中です。

調理ロボットとしては、複数種類のアルコール飲料を1杯30秒で完成させるドリンクロボットなど。業務ロボットには、2台のロボットが協調して食器を自動で仕分ける「finibo」や、ポテトサラダのように粘着性がありやわらかい惣菜を高い重量精度で連続的に盛り付けるロボットなどがあります。

また、外食チェーン店の味の統一化を支援するIoTセンサーデバイスも開発。調理中のスープなどの温度や味をリアルタイムで可視化し、クラウド管理することでスタッフの負担を軽減しながら味の統一化を実現できるようです。

PR TIMES(1)(2
Techable記事(1)(2)(3)(4

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報