海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech PCとつなげる電子ペーパー! E Ink搭載の25.3型モニター「BOOX Mira Pro」

Tech

PCとつなげる電子ペーパー! E Ink搭載の25.3型モニター「BOOX Mira Pro」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
E Ink(電子ペーパー)端末を販売するSKTは、25.3インチの大型ディスプレイを備えるEInkモニター「BOOX Mira Pro」の国内販売を開始しました。

価格はオープン(26万8000円前後)で、自社店舗およびオンラインストアにて販売します。

据え置き仕様の大型電子ペーパー

「BOOX Mira Pro」を手掛けるONYX Internationalは、E Ink搭載のAndroid端末「BOOX(ブークス)」シリーズを展開しています。

BOOX Mira Proは、E Ink端末としては珍しい完全据え置き型のモニターです。本体サイズは約594.2 x 349.2 x 26.5mm、厚みは最薄部で11mm、本体重量約2.75kgとなっています。

見た目は非常に洗練されていて、一般的なPCモニターと見比べても遜色ありません。モニター背面にはVESAマウント用の穴(75×75mm)が設けられており、市販のモニターアームを使用することもできます。


WindowsやMacを接続可能

BOOX Mira Proのディスプレイは25.3インチの大型電子ペーパーで、解像度は3200×1800(145dpi)。通常の液晶モニターと異なりバックライトによる発光がないため、長時間使用しても目が疲れにくいのが特徴です。

E Ink(電子ペーパー)のネックとして描画速度の遅さや残像が挙げられますが、BOOX Miraシリーズは実用に足るリフレッシュレートと低遅延をうたっています。

インターフェースでは、mini HDMIとフルサイズHDMIの入力端子を1基ずつ搭載。ほかUSB Type-C端子×2、DP×1、そしてDC1基の構成となっており、WindowsやMacをつないで表示することができます(縦表示も可能!)。


実際の挙動はデモ動画で確認

さらにBOOX Mira Proでは、内容に応じた4つの表示モード(ノーマル・テキスト・ビデオ・スライドショー)を設定できます。デュアルスピーカーを内蔵しているので、音声コンテンツも楽しめます。

もちろん電子ペーパーですので、表示色はグレースケール(16色まで)に限られること、また中国発のプロダクトであるため、設定まわりの日本語対応など気になる点もあります。

それでもE Inkに慣れているユーザーにとっては、興味深い選択肢の一つになりそうです。実際の挙動は、製品発表会のデモやレビュー動画から確認することができます。

PR TIMES
SKT
BOOX

(文・九条ハル)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報