海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech TOUCH TO GOの無人決済店舗システムを東芝テックが全国展開。スマートレシート連携も

Tech

TOUCH TO GOの無人決済店舗システムを東芝テックが全国展開。スマートレシート連携も

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社TOUCH TO GO(以下、TTG)の開発する無人決済店舗システムが5月6日(金)より全国展開を開始しました。

システムの販売を担うのは東芝テック株式会社(以下、東芝テック)で、提供されるシステムは同社の電子レシートサービス「スマートレシート」と連携します。

TTGの無人決済システム

TTGの無人決済システムでは、カメラやセンサーから取得するデータを独自アルゴリズムで解析し、来店客や商品の動きを補足。これにより、来店客は商品を持って会計ゾーンに立つだけで商品をスキャンすることなく決済ができます。

支払いは、現金・交通系IC・クレジットカードなどに対応しているため、アプリのダウンロードは不要です。

TTGのソリューションは現在4種類。コンビニ型の「TTG-SENSE」・極小店舗向け「TTG-SENSE MICRO」・無人オーダー決済端末「TTG-MONSTAR」・ゲート制御型入退館システム「TTG-GATEWAY」です。

2020年3月に、「TTG-SENSE」を活用した無人決済店舗1号店を高輪ゲートウェイ駅にオープン。21年3月には、ファミリマートの無人決済店舗を千代田区にオープンしました。

“置ける無人決済店舗”の展開を加速

このたび全国展開を開始したのは、極小店舗向け無人決済店舗システム「TTG-SENSE MICRO」および「TTG-SENSE MICRO W」です。

「TTG-SENSE MICRO」では、5㎡~20㎡程度の省スペースで無人決済店舗が展開可能。躯体・什器・決済システムなどがセットになっており、“置ける無人決済店舗”を実現します。また、電源だけで設置可能なため工事がいらず、導入時の大幅なコスト削減が見込めるとのことです。

1店舗の月額利用料は、「TTG-SENSE MICRO」が20万円~、「TTG-SENSE MICRO W」が30万円~。月額利用料には、コールセンターや遠隔モニタリングサービスが含まれますが、設置・設備費用、保守サービス利用料などは別途必要です。

「スマートレシート」と連携

この2つの無人決済店舗システムは、東芝テックの「スマートレシート」と連携します。

「スマートレシート」は、専用アプリに表示されたバーコードをレジで読み取ってもらうだけで、電子化したレシートをアプリで受け取れるサービス。

過去のレシート閲覧や月間購入商品のカテゴライズ、クーポン表示・利用、表計算ソフトに対応したデータ出力など“レシートの電子化”にとどまらない便利な機能も特徴でしょう。

消費者側はレシートで財布が膨らむことや紛失などの悩みから解放され、店舗側はレシートの紙にかかるコストを削減しつつ販促にも期待できるようです。

PR TIMES(1)(2
株式会社TOUCH TO GO
東芝テック株式会社

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報