海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 商談データを自動で収集・解析・可視化! セールスAIクラウド「ailead」開発強化へ

Tech

商談データを自動で収集・解析・可視化! セールスAIクラウド「ailead」開発強化へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社バベル(以下、バベル)は、スパークス・アセット・マネジメント(未来創生ファンド)、ポーラ・オルビスホールディングス、個人投資家3名を引受先とする第三者割当増資を実施しました。

また、複数の金融機関からの融資を実施し、資金調達額は合計で約14.6億円となります。

今回調達した資金は、バベルが提供しているセールスAIクラウド「ailead(エーアイリード)」のプロダクト開発、マーケティング活動の強化などに充てるとのことです。

自動でWeb会議を記録・解析・管理する「ailead」

「ailead」は、AI(人工知能)がオンライン商談データを自動で取得・解析・可視化する、商談解析クラウド。営業現場の業務効率化や営業スキルアップをサポートします。

aileadをZoomやGoogle MeetなどのWeb会議ツールと連携すると、会議データを自動で取得。会議開始とともに自動で録画を開始し、録画データをaileadのクラウド上に保存します。保存したデータは、チーム全員がアクセス可能です。

フォルダを作成・共有できる「ライブラリ機能」を使って、成功した商談を共有フォルダにまとめれば、若手営業用の教材として活用できるでしょう。

商談後は、AIが会議データを自動で解析。発言者ごとに会話を文字起こしするので、振り返りや議事録作成がスムーズに。なお、日本語の書き起こし精度は約80%とのことです。

商談後の記録・報告作業の負担を軽減

また、SalesforceなどのSFAツールとaileadを連携すると、商談後、商談日時や参加者、録画保存先などの情報を自動で入力。

商談後の記録・報告作業の負担を軽減し、共有ミスを減らすことができるといいます。

国内の生産性の向上を後押しするために

日本では少子高齢化が進み、労働力人口が大きく減少しており、ほかの先進国と比較して、GDPの伸び悩みが予想されています。

こうした課題を受けて、バベルはaileadをはじめ、AIやML(機械学習)を活用し生産性の向上を後押しするプロダクトやサービスを提供。

同社は、「より多くのお客様にaileadをご活用いただくことで、営業組織における生産性向上への貢献を目指します」と語り、調達した資金は、aileadのプロダクト開発およびマーケティング活動の強化、並びにAIエンジニアの採用にあてる方針です。

PR TIMES(1)(2)(3
ailead

(文・Haruka Isobe)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報