海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech GWのお守りアプリに! 夜間休日急病対応の「ファストドクター」、往診やオンライン診療も

Tech

GWのお守りアプリに! 夜間休日急病対応の「ファストドクター」、往診やオンライン診療も

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ファストドクター株式会社は、時間外救急プラットフォーム「ファストドクター」を運営中。年間4万件以上の医療相談と1万8000件以上の往診支援を行ってきました。

1日に2000件寄せられる医療相談の約3割はスマートフォンアプリからだといいます。このたび、そのスマートフォンアプリをリニューアルしました。

トリアージで対応を判断

ファストドクター」ではまず、ユーザーが電話かWebフォームで症状を伝えると緊急度判定プロトコル(総務省消防庁準拠)に基づいてトリアージします。

緊急度は高い順に、赤・橙・黄・緑・白の5段階。赤の場合は119案内を、緑・白の場合はメディカルコールスタッフによる助言を行い相談を終了します。

橙・黄の場合は、ファストドクター提携医療機関の当直医に往診が必要かを相談し、患者が自力で通院できないと判断した場合に往診を適応。医師が自宅へ向かい診療・検査し、その場で薬を渡します。

オンライン診療にも対応

また、スマートフォンで診察を受けられるオンライン診療にも対応(内科・小児科)。スマートフォンから受付を済ますと、登録した携帯番号へ届くSMSにあるURLをタップするとオンライン診療が始まります。診察後、最短1時間で医師が処方した薬を宅配するという流れです。

往診・オンライン診療は、東京・神奈川・千葉・埼玉・・愛知・大阪・兵庫・京都・奈良・福岡にて展開中。ただし、オンライン診療の際、最短1時間で薬を宅配できるのは東京・神奈川・埼玉のみで、基本的には翌日以降の宅配となります。

20万ダウンロードのアプリ、リニューアル

そんな「ファストドクター」のスマートフォンアプリには、ユーザーと同居家族の情報をあらかじめ登録できる機能や本人・同居家族分の受診内容を履歴として残せる機能などを搭載。後日、かかりつけ医を受診したときの説明をスムーズにします。

現在、ローンチから累計20万ダウンロードを達成した同アプリがリニューアルしました。今回は、同居家族を登録するときの操作性向上やアプリアイコン変更などUI・UXを改善。また、はじめてダウンロードするユーザーにもわかりやすいファストドクターの使い方動画も掲載しています。

今後は、健康診断結果など事前情報の入力機能や位置情報の精度向上など、さらなるリニューアルを予定しているようです。

PR TIMES
「ファストドクター」公式サイト
ファストドクター株式会社
アプリダウンロード iOS/Android

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報