海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ChatworkがMVNO参入。法人向けスマホ提供で、中小企業のDXインフラ拡充支援

Tech

ChatworkがMVNO参入。法人向けスマホ提供で、中小企業のDXインフラ拡充支援

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Chatwork株式会社は、4月25日(月)よりMVNO事業に新規参入すると発表。企業(法人・個人事業主)向けのスマートフォン「Chatwork Mobile」提供し、中小企業のDXインフラ拡充をサポートします。

月3GB・3280円のワンプラン

「Chatwork Mobile」は、大手キャリアの安定的な通信環境を提供する企業向けスマートフォン。

大きな特徴は、SIM契約と端末リース代を合わせて月額基本料金3280円(税別)という安価な料金設定でしょう。10分かけ放題・高速データ通信3GBがついたワンプランで提供します。

ただし、初期費用として事務手数料・郵送費、従量料金として10分を超えた通話料・SMS送信料などが必要です。

端末はiOS・Androidの計3機種から選択可能。平日9時~21時までの有人対応とそれ以外のBot自動応答で24時間365日サポート体制を整えています。最低利用期間はなく、初月・月途中でなければ解約違約金もありません。

申し込みはオンラインで完結

申込みは、オンラインで完結します。

事前に必要書類や契約者名義(法人)のクレジットカードを準備。Webの申し込みフォームに必要情報を入力し、本人確認書類などをアップロードします。

書類審査を経て、1~2週間ほどでSIMカードの入ったスマートフォン端末が手元に届くという流れです。

中小企業の通信インフラ構築にはコスト面の課題が

近年、中小企業においても生産性向上や働き方改革を実現するDXが推進されています。そのなかで重要となるのが、通信インフラです。しかし、コスト面の理由などからモバイル端末導入あるいは通信インフラ構築に踏み出せないという中小企業もあるとか。

そのため、現場を含めた全体でのモバイル端末利用ができず、ビジネスチャット「Chatwork」を導入してもDXの提供価値を最大化できないケースもあったようです。そこで同社は「Chatwork Mobile」の提供を開始しました。

同社は、2025年以降に中小企業のビジネス起点プラットフォームとなることを目指しています。今回の「Chatwork Mobile」は、そのための「中期経営計画」のひとつとして推進する“DXソリューション戦略”における新規サービス立ち上げの一環だといいます。

PR TIMES
「Chatwork Mobile」サービスサイト

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報