海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech エミレーツ航空、メタバース体験とNFTプロジェクトを始動。ドバイ万博跡地を活用

Tech

エミレーツ航空、メタバース体験とNFTプロジェクトを始動。ドバイ万博跡地を活用

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
エミレーツ航空は、顧客および従業員の体験向上を目指し、メタバースおよびNFTプロジェクトを始動しました。

また、同プロジェクトの開発を含む技術革新の中心地として、ドバイ国際博覧会(以下、ドバイ万博)跡地にあるエミレーツ館を再利用することも明らかにしています。

メタバース体験とNFTで収益向上・事業効率化を

同プロジェクトは、業界有数の顧客体験を最新デジタル空間で展開すべく発足。数千万ドルを投じて、メタバースにおけるブランド体験の構築計画および収集型・機能型NFTの発行を実現します。

すでに初期プロジェクトを進めており、数ヶ月以内に提供を開始する見込みです。

エミレーツ航空は、このプロジェクトを通じ、収益向上・ブランド体験改善・事業効率化につながる先進技術を用いた製品・サービスの開発を推進するといいます。

エミレーツ館を技術革新の中心地に

同プロジェクト発表とともに、ドバイ万博跡地にあるエミレーツ館の再利用も発表。エミレーツ館では、VRによる未来の空港体験、超触覚インターフェースを活用した自分だけの未来型航空機設計などを展開しました。

そんなエミレーツ館を、同プロジェクトに関わる開発とWeb3など技術革新の中心地として活用するといいます。これは、デジタル経済や仮想資産、人工知能など最新技術の取り組みに注力するドバイおよびUAEの姿勢に沿った取り組みと言えるでしょう。

エミレーツ航空のVRサービス

エミレーツ航空は、2018年にデジタルプラットフォームにWebVRを導入し、航空会社としていち早く没入型体験を提供。3Dシートマップからの座席予約やチェックイン前の座席確認などが可能です。

そして2021年9月、独自のVRアプリ「Emirates Oculus VR(エミレーツ・オキュラスVR)」をリリース。ユーザーは、ボーイング777ゲームチェンジャー機のファーストクラススイートやA380機内ラウンジ、コックピット探索を体験可能です。

なお、このVRサービスは、「Emirates Oculus VR」のほか同社ホームページおよびEmiratesアプリでも体験できます。

PR TIMES(1)(2)(3

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報