海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech メタバースで「バーチャル首里城」観光を! 火災で焼失した正殿など復元

Tech

メタバースで「バーチャル首里城」観光を! 火災で焼失した正殿など復元

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社あしびかんぱにー(以下、あしびかんぱにー)が運営する沖縄発のメタバース「バーチャルOKINAWA」にて、新エリア「首里城エリア」を4月26日(火)に公開します。

バーチャル空間で沖縄を観光

「バーチャルOKINAWA」は、クラウドファンディングを通じて実現したメタバース空間です。

2021年4月30日にオープンしたβ版では、沖縄県の観光スポット国際通りを再現した「バーチャル国際通り」を公開。

実際の国際通りを再現するだけでなく、アーニーパイル国際劇場での三線ライブ体験や、バーチャル国際通り内の空を泳ぐ魚の群れにエサをあげる体験など、バーチャル空間内で楽しめる機能を実装しています。

「首里城エリア」にて焼失した首里城を復元

2019年10月に発生した火災により焼損した、世界遺産「首里城」。

再建を願う気持ちが広がるなか、あしびかんぱにーはバーチャルOKINAWAにて、沖縄美ら島財団監修のもと首里城を復元し、新エリアとして「首里城エリア」を4月26日(火)に公開することを発表しました。

同エリアでは、火災により焼失した、正殿をはじめとする建造物をバーチャル上で復元。

そのほか、首里城の歴史や沖縄の文化を学んだり、三線が奏でる琉球古典音楽を聞きながらエリアを散策をしたりと、さまざまなコンテンツを体験できるといいます。

なお、「首里城エリア」公開にあわせ、Webブラウザ版(簡易体験版)にも対応予定です。

過去には「一万人のエイサー踊り隊」などもバーチャルで

バーチャルOKINAWAでは、これまでさまざまなイベントを開催してきました。

2021年7月には、β版のオープンを記念して、沖縄のバーチャルタレント根間ういによる記念ライブを実施。

同年9月には、1995年から続く、県内最大級のエイサー祭り「一万人のエイサー踊り隊」のバーチャルイベント「一万人のエイサー踊り隊2021オンライン INバーチャルOKINAWA」を開催しました。

あしびかんぱにーは、これからもバーチャルOKINAWAを通じて、アフターコロナの沖縄観光業の発展と活性化に貢献していく方針です。

PR TIMES(1)(2)(3
バーチャルOKINAWA

(文・Haruka Isobe)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報