海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech あなたの顔情報がNFTアートに! NFTを生成・購入できる体験型展示会、渋谷で開催

Tech

あなたの顔情報がNFTアートに! NFTを生成・購入できる体験型展示会、渋谷で開催

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
一般社団法人日本ベンチャーカンファレンスが運営する「Tokyo Venture Conference」は、クリエイティブチーム「いたずらクリエイティブ集団URO(以下、URO)」と共同で、体験型NFTアート展示「産声~生命をアートに~」を開催します。

その場でデジタルアートを生成、NFT化して購入可能

「産声~生命をアートに~」では、来場者の顔情報をもとにその場でデジタルアートを生成。後日、NFTプラットフォーム上でNFTアート作品として購入可能です。

同展の狙いは、来場者が作品の生みの親となり、その誕生(生成)から旅立ち(NFT化)を体験すること。そして、国内におけるNFTアートの価値を理解するきっかけとなることのようです。

入場無料・予約必須

同展は、4月21日(木)~24日(日)の期間、渋谷区役所(旧)第二美竹分庁舎にて開催。各日、11:00~18:00(最終日は17:00)で一般公開します。

入場は無料ですが、Webサイトからの予約が必要。各日11:00以降1時間ごとに入場枠が設けられていて、21日の11:00~12:00枠はすでに埋まっています(記事執筆時点)。

「Tokyo Venture Conference」と「URO」

「Tokyo Venture Conference」は、業界最大規模のビジネスカンファレンス。NFT・フードテック・AIなど幅広い領域の有識者が登壇し、さまざまなテーマでセッションします。

また、起業を希望する学生と経営者の交流会「東大メシ」「慶應メシ」を公式コミュニティとして毎月運営中。2021年11月には、初となるメタバース空間での交流会「東大メシinMetaverse」を開催しました。

一方「URO」は、デジタルハリウッド大学出身のクリエイティブチーム。所属も得意分野も異なるメンバーが、世の中の“すきま”にいたずらのようにアート作品を仕掛けます。

そんな両者がタッグを組んで開催する「産声~生命をアートに~」。自らのデータでNFTアートを生成するという珍しい体験が待っています。

PR TIMES(1)(2
「産声~生命をアートに~」Webサイト
「Tokyo Venture Conference」
「いたずらクリエイティブ集団URO」

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報