海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 快適性と音質を両立! B&Oが最新ANCイヤホン「Beoplay EX」を来月発売

Tech

快適性と音質を両立! B&Oが最新ANCイヤホン「Beoplay EX」を来月発売

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
デンマークの老舗音響機器メーカーBang & Olufsenが最新のワイヤレスイヤホン「Beoplay EX」を発表しました。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載し、完全ウォータープルーフ設計になっています。グローバルで来月発売されます。

コンパクト化

音響機器メーカーとしてサウンドにはこだわりがあるのはもちろん、Beoplay EXはパーフォマンスとスタイルのコンビネーションが最大の売りです。

デザイン面ではまず、従来のワイヤレスイヤホンよりも全体的にコンパクトになっています。特に耳の中に来るハウジングが小型になり、これにより長時間快適に装着し続けることができるとのことです。

外側にくるインターフェース部分は反射するガラス製。その周囲をアルミ製のリングが囲んでいて、装着時はイヤリングのようにアクセントになりそうです。

ドライバーは9.2ミリ

パフォーマンス面では、同社がこれまでホームオーディオ機器で培ってきた技術を詰め込んでいます。アダプティブANCテクノロジーによりアーティストが意図した音を細部に至るまで届けられ、通話音声も一層クリアになっているとのことです。

また、スピーカードライバーは9.2ミリで、これは同社のワイヤレスデバイスに搭載するものとしては最大となり、装着の快適性を損なうことなく迫力あるサウンドを楽しめます。

最長20時間再生

ワイヤレスイヤホンで気になるのが駆動時間ですが、Beoplay EXはANCをオンした状態で6時間の再生が可能で、ケースで充電した場合、20時間に伸びます。

屋外でのエクササイズなどでイヤホンを利用する人にとって、防水・防塵規格IP57をクリアしているのも心強い点でしょう。

Beoplay EXは5月5日にはグローバルで発売され、米国価格は399ドル(約5万1000円)となっています。

Bang & Olufsen
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報