海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech VRデバイスなしでメタバース空間を体感! 個室型VR空間「メタキューブ」

Tech

VRデバイスなしでメタバース空間を体感! 個室型VR空間「メタキューブ」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ブイキューブは、VRデバイスの装着なしで臨場感あるメタバース体感を実現する個室型VR空間「メタキューブ」のコンセプトモデルを発表しました。

遠隔地のリアルタイム映像も投影可能

「メタキューブ」は、同社が提供する防音個室ブース「テレキューブ」を活用した新たなサービス。テレキューブの壁面に映像コンテンツを投影することで、VRゴーグルなどを装着せずにメタバース空間を体験できます。

メタキューブのコンセプトモデルでは、360度カメラで撮影した静止画や動画、CG画像に加えて遠隔地のリアルタイム映像も投影可能。Web会議はもちろん、ライブ配信映像などを離れている人と同じ空間にいるかのように体験できます。

ユースケースとしては、不動産や観光の遠隔案内サービス・体験型エンターテイメント・VRジムなどを想定。このたび、共同でサービス開発を行い、メタキューブ実用化に向けた概念実証に取り組むパートナー企業の募集を始めました。

「テレキューブ」とは?

「メタキューブ」のベースとなっている「テレキューブ」は、同社とオフィス家具メーカーの株式会社オカムラが共同開発したWeb会議などに最適な防音個室ブースです。

高い防音性でまわりを気にせずに作業や会議ができることや、2020年に特許を取得した優れた防災機能が特徴のひとつでしょう。

また、長時間の作業でも疲れない設計やオカムラ製家具の設置により、高い居住性を実現。1人用ブースのほか、2人用・4人用といった複数人タイプも提供しています。ちなみに、メタキューブで複数人タイプのブースを利用すると複数人同時に同じコンテンツを体験可能です。

オンラインイベントの知見をメタバースへ

同社は、「EventIn」「Touchcast」といったシステムや配信専用スタジオ「PLATINUM STUDIO」などを通じて、数十人規模から数千人規模までの多様なオンラインイベントを支援してきました。

その知見を生かし、今年1月にメタバース領域に参入。同時に、第1弾として「メタバースイベントサービス」の提供を開始しています。同サービスでは、メタバースにおけるコミュニケーション活性化を念頭に置き、あらゆる業界のイベントのメタバース化を推進中です。

今回のメタキューブは、メタバース上でのコミュニケーションサービス第2弾。今後、パートナー企業との開発などを通じて、メタバース上でのコミュニケーションにイノベーションを起こしてくれるかもしれません。

PR TIMES(1)(2)(3
「テレキューブ」サービスサイト
株式会社ブイキューブ

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報