海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech バカン、渋谷駅西口タクシー乗り場の混雑可視化。ドライバーへの配信で効率的な配車支援

Tech

バカン、渋谷駅西口タクシー乗り場の混雑可視化。ドライバーへの配信で効率的な配車支援

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社バカンは、渋谷駅西口のタクシー乗り場および配車待機場所(以下、タクシーエリア)の混雑状況を可視化する取り組みを開始。

タクシードライバーにタクシーエリアの混雑状況を発信することで、効率的な配車オペレーションの実現を目指すとのことです。

ドライバーがWebページなどから状況を確認

タクシーエリアの混雑状況可視化には、同社のリアルタイム空き情報配信プラットフォーム「VACAN(バカン)」を活用します。

タクシーエリアにAIカメラを設置し、リアルタイムな混雑情報を自動検知。その情報を混雑データAIで解析し、待機している車の状況に応じて「空」「満」といった混雑情報をタクシードライバーへ発信します。

タクシードライバーは、乗車エリアの専用サイネージや専用Webページから状況を確認。混雑状況を加味した効率化な配車を実現できるようです。

渋滞緩和や機会損失低減に期待

渋谷駅西口のタクシーエリアは、渋谷駅街区土地区画整理事業に伴い改修されます。タクシー乗り場の場所が変更になるとともに、地下にタクシーの待機場所が新設されるとのことです。

地下待機場の空き状況は基本的に現地確認しかありません。これでは、「行ったら待機場が空いていなかった」などの状況が発生し、渋谷駅周辺でタクシーが渋滞する可能性も出てくるでしょう。

また、地上にある乗車エリアの混雑状況がわからなければ、「混んでいると思ったら空いていた」といった状況も起こるかもしれません。

つまり、タクシーエリアの混雑状況を可視化・配信することで、渋滞緩和や機会損失低減に期待できるというわけです。なお今後は、乗り場の待ち人検知や交通アプリとの連携なども検討していくといいます。

さまざまな場所の混雑状況を可視化する「VACAN」

同社が展開する「VACAN」は、センサーやカメラなどで人やモノの混雑データを取得し、AI解析で導出した混雑状況をデジタルサイネージやスマートフォンに配信するプラットフォーム。商業施設や飲食店、トイレ、避難所などさまざまな場所の混雑状況を可視化します。

地図型画面で施設・店舗の混雑状況を確認できる「VACAN Maps」をはじめ、トイレの混雑状況を可視化する「VACAN Throne」、カフェやオフィスにあるブース席の空き状況確認と席予約ができる「AutoKeep」などのサービスを提供中です。

Techable(テッカブル)では、同社の取り組みを複数紹介していますので、興味のある方はこちらからどうぞ。

PR TIMES
株式会社バカン

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報