海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 耳をふさがずブルーライトカットも! Ankerからテレワークにぴったりなオーディオグラス登場

Tech

耳をふさがずブルーライトカットも! Ankerからテレワークにぴったりなオーディオグラス登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Ankerのオーディオブランド、Soundcoreから初のオーディオグラスが登場します。発表されたのは「Soundcore Frames Cafe」「Soundcore Frames Landmark」の2機種で、いずれも6月1日(水)よりAnker Japan公式サイトにて販売が開始されます。

オンライン会議に最適

Soundcore Framesは、テレワークの普及でイヤホンの装着時間が増えた人をターゲットにしています。イヤホンを長時間つけると耳が痛くなる人や、仕事中も家族の声や周囲の音を聞きたい人にとって、オーディオグラスは新たな選択肢になるでしょう。

オーディオグラスは眼鏡に音声スピーカーを内蔵することで、耳を塞ぐことなく会話や音楽を楽しむことができます。Soundcore Framesは耳の周りに4つのスピーカーを搭載しており、カスタムされたオーディオプロセッサと組み合わせて、臨場感のある音楽体験が可能です。

用途に適した2モデル

「Soundcore Frames Cafe」はPCやスマートフォンなどの液晶画面をよく見る人に最適で、ブルーライトを20%カットするレンズを採用しています。

「Soundcore Frames Landmark」はサングラス型で、衝撃や傷に強いほか紫外線を最大99%カットする偏光レンズを採用。IPX4の防水性能を備え、アウトドアやスポーツにも使用できます。

機能性も充実しており、テンプル(つる)のロゴ部分を2回タップするだけで通話に応答したり、2つの内蔵マイクにより話し声をクリアに伝えることができます。

音楽も楽しめる

両モデル共に、満充電の状態で最大5.5時間の音楽再生が可能で、さらに10分間の充電で約1.5時間の音楽再生ができます。Soundcoreアプリに対応し、イコライザの調整やタッチ操作による音楽の再生・停止などショートカットのカスタマイズができます。

磁気充電ケーブルによる充電で、対応コーデックはSBC・AAC、通信方式はBluetooth 5.2となっています。価格は両モデル1万9990円(税込)。テレワーク環境の刷新に、いかがでしょうか。

PR TIMES

(文・九条ハル)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報