海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 中間管理職の業務効率化へ。ミドルマネジメント自動化クラウド「YARIKIRI」β版

Enterprise

中間管理職の業務効率化へ。ミドルマネジメント自動化クラウド「YARIKIRI」β版

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Betterboundは、マネージャー層の業務をサポートするミドルマネジメント自動化クラウド「YARIKIRI(ヤリキリ)」のβ版をリリース。あわせて、総額8000万円の資金調達を実施したことを発表しています。

人事評価や人材育成の効率化・質向上を

「YARIKIRI」は、マネージャー層が行うチームマネジメント業務の効率化とメンバーの成果創出や育成を最大化するクラウドサービスです。

具体的には、評価項目・意識付け項目の設定や日々の業務におけるフィードバック蓄積を自動化し、人事評価の省力化と質向上に寄与します。

また、“成果目標の着実な達成”に向けたゴール設定・リアルタイムのフィードバック・活動アップデートなどもサポート。加えて、アジェンダ設定などでメンバーとの接点を強化します。

企業成長のカギはマネージャー層?

企業において「成果が長続きしない」「成果が属人的にしか出せない」といった課題を解決するカギは、経営層と現場の結節点にあたるミドル層(マネージャー層)にあるようです。

ミドル層がトップの高い視座を理解しながらも、現場にて課題解決の解像度とサイクルが維持されたチームマネジメントを実行できるかどうかが、機能する組織を作るうえで重要だといいます。

ミドル層が実現すべきインパクトは、再現性の高い成果を出すこと、メンバーのライフプランにポジティブに影響すること、組織の方向性などを示し強い会社を作ることなど。これらの実現には、目標設定をはじめ活動フォローや継続的対話など煩雑多岐なオペレーションが必要です。「YARIKIRI」は、そのオペレーションを最適化します。

今秋、正式版リリースを目指す

このたびリリースした「YARIKIRI」β版は、日系大手製造業や上場スタートアップを中心とした約10社への提供が決まっています。今後各社との検証を通じてプロダクトをブラッシュアップし、今年秋頃の正式版リリースを目指すとのことです。

また、複数の個人投資家を引受先とする第三者割当増資により、総額8000万円の資金調達を実施。この資金をもとに、プロダクト開発・営業・カスタマーサクセスの各領域にて人材採用を加速する構えです。

PR TIMES
「YARIKIRI」サービスサイト

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報