海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech スターフライヤーとNearMe、AI活用の「スマートシャトル」で北九州空港と市内を結ぶ

Tech

スターフライヤーとNearMe、AI活用の「スマートシャトル」で北九州空港と市内を結ぶ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
北九州市に拠点を置く株式会社スターフライヤー(以下、スターフライヤー)とMaaS事業を展開する株式会社NearMe(以下、ニアミー)は、北九州空港と市内をドアツードアで結ぶ空港送迎「スマートシャトル」を本格ローンチ。3月30日(水)より予約受付を開始し、4月1日(金)より運行を開始します。

“はやい・お得・スムーズ”な移動を

ニアミーの「スマートシャトル」は、独自AIを活用したルーティング技術でハイヤー・タクシーの効率的な相乗りを実現し、“はやい・お得・スムーズ”な移動体験を提供するオンデマンドサービス。

今回の対象エリアは、北九州市内3区(小倉北区・小倉南区・門司区)および苅田町。北九州空港とエリア内の指定場所をドアツードアで結びます。

利用するには、オンラインによる事前予約(前日18時まで)と決済を実行。飛行機遅延に伴う料金請求はありません。なお、現時点では日本語と英語に対応しており、今後は5ヶ国語に対応予定とのことです。

1ヶ月の実証実験を経て

ニアミーは、タクシー・バスを運行する第一交通産業グループと共に、北九州市の「スタートアップSDGsイノベーショントライアル事業」に採択。2月1日~28日の期間、北九州空港と北九州市内3区および苅田町において「スマートシャトル」の実証実験を実施しました。

その成功を受け、スターフライヤー協力のもと北九州市における「スマートシャトル」を本格ローンチ。九州では福岡空港に続く2エリア目となり、全国では13エリア目となります。

広がる、スマートシャトル

ニアミーが展開する「スマートシャトル」には、ゴルフ場送迎や街なか移動に利用できる「nearMe.Golf」や「nearMe.Town」などのサービスもあります。そのなかで、空港送迎に特化したのが「nearMe.Airport」です。

「nearMe.Airport」は、羽田・成田をはじめ新千歳・南紀白浜・那覇などで展開中。今年2月には12空港目となる徳島空港でサービスを開始したほか、3月には関西エリアで伊丹空港と大阪市内を結ぶ送迎、中部エリアで中部国際空港と豊田市・刈谷市を結ぶ送迎を追加するなど、提供エリアを拡大しています。

PR TIMES(1)(2)(3)(4)(5
株式会社NearMe

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報