海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech スマホやタブレットのマウスとして使える「CheerTok」はレーザーポインター機能も搭載

Tech

スマホやタブレットのマウスとして使える「CheerTok」はレーザーポインター機能も搭載

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホやラップトップ、スマートテレビなど、身の回りのさまざまなデバイスの「リモコン」として使える便利ツールがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場しました。

スマートデバイスと接続して、画面をスクロールしたりピンチズームしたりできる「CheerTok」です。レーザーポインターとしての機能も搭載し、プレゼンテーションなどにも活用できます。

iPodサイズのエアマウス「CheerTok」

CheerTokはiPodサイズで、重さはわずか40グラム。Bluetooth経由でデバイスと接続します。マウスとタッチパッドの機能を搭載していて、表面を触ってスマホやタブレットなどの端末の画面をスクロールしたり、ピンチズームしたりすることができます。まさに空中で使えるエアマウス、エアタッチパッドです。

スマートテレビとつなげて、ソファに寝転がりながらビデオを早送りしたり、ボリュームを調整したりといったことも可能です。

スマホのリモコンにも

加えて、便利なのがショットカット機能です。これはデバイスの操作をCheerTokに記憶させて、リモコンのように使えるようにするものです。

たとえば、CheerTokのボディ横についているボタンを1回押すと、スマホのシャッターを切るというふうに設定することができます。

プレゼンにも使える

さらには、ビジネスパーソン向けにプレゼンターツールの機能も搭載しています。手元でスライドなどを操作できるようにするもので、いちいちパソコンなどを触ることなくスムーズなプレゼンテーションを行うことが可能に。レーザーポインターの機能がついているのも便利でしょう。

Red Dot 2022デザイン賞を受賞したCheerTokはKickstarterで資金調達を展開中で、本稿執筆時点の出資額は35ドル(約4300円)〜となっています。

すでに目標を大幅に超える額を集めていて、4月26日まで出資を受け付けたのち、5月にも発送が始まる見込みです。

CheerTok/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報