海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech “焙煎したて”のコーヒー豆を自宅へ。ネスレの通販サービスが始まりました

Tech

“焙煎したて”のコーヒー豆を自宅へ。ネスレの通販サービスが始まりました

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネスレ日本株式会社(以下、ネスレ)は、旗艦店「ROASTELIER by NESCAFÉ(ローステリア バイ ネスカフェ) 三宮」で“焙煎したて”のプレミアムなコーヒーを提供中。

そして、そのプレミアムなコーヒーを自宅へ届ける「ROASTELIER by NESCAFÉ」通販サービスを3月2日(水)より開始しました。

焙煎後12時間以内に出荷、淹れ方は動画で公開

この通販サービスでは、焙煎したての香りを届けるために、すべてのコーヒー豆を焙煎後12時間以内に出荷します。

取り扱うのは、ブラジル・コロンビア・エチオピアシダモ・チャンピオンブレンドの4種類。コーヒー抽出の世界大会「World Brewers Cup(2016)」チャンピオンの粕谷哲氏監修のもと、厳選したコーヒー豆です。

プレミアムなコーヒー体験には、焙煎したてのコーヒー豆はもちろん「淹れ方」も重要。そこで、粕谷氏がプロ並みのおいしいコーヒーの淹れ方を説明する動画を公開しています。

どうやら、淹れ方を“数値化”することで、誰でもおいしいコーヒーが淹れられるようですよ。

外食店に焙煎機などを提供するサービス

今回の通販サービス開始のきっかけとも言えるのが、ネスレが2021年3月23日に開始した外食店向けプレミアムコーヒーの新サービス「ROASTELIER by NESCAFÉ」 です。

このサービスは、焙煎機・コーヒー豆・販売サポートをパッケージ化し、外食店が焙煎したてのコーヒー“Freshly Roasted Coffee”を手軽に提供できるというもの。

従来の業務用焙煎機は、コストや設置スペース確保、コーヒー豆を自家焙煎する技術習得といったハードルがありました。しかしこのサービスで提供する焙煎機は、リーズナブルなリース費用とコンパクトな本体を実現。タッチパネル操作によって専用コーヒー豆の産地ごとに用意された焙煎レシピ(最大6通り)を選択すれば、誰でも自家焙煎できるといいます。

旗艦店「ROASTELIER by NESCAFÉ 三宮」

そんな「ROASTELIER by NESCAFÉ」の世界観を体験できる旗艦店として、2021年3月27日にオープンしたのが「ROASTELIER by NESCAFÉ 三宮」。

3時間以内に焙煎したコーヒー豆のみを使用した“Ultimate Freshly Roasted Coffee”をはじめとする個性豊かなコーヒーメニューなどをゆったりとした店内で楽しむことができます。また、焙煎したてのコーヒー豆のテイクアウトもあるようです。なお、すべてのコーヒーメニューのレシピは、粕谷氏とラテアートの世界大会チャンピオンの下山修正氏が監修しています。

この店舗で提供されるプレミアムなコーヒーを自宅に届けようと始まったのが、「ROASTELIER by NESCAFÉ」通販サービスです。

PR TIMES
ネスレ日本株式会社(1)(2

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報