海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech Web会議中「ミュートのまま喋っていた」を解消! ミュートの切り替えに特化したボタン登場

Tech

Web会議中「ミュートのまま喋っていた」を解消! ミュートの切り替えに特化したボタン登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Makuakeに、「ミュート状態の見える化」を実現するアイテム「Luxafor Mute Button」が登場しました。記事執筆時点で135名のサポーターから116万円以上の応援購入を集めており、目標額に対する達成率は1100%を超える人気ぶりです。

直感的な操作でミュートにできる

リモートワークが常態化するなか、Web会議を毎日のように行っている人も増えているのではないでしょうか。そんなときに意外とわずらわしいのが「ミュートボタン」です。

現在普及しているWeb会議ソフトウエアでは、画面上のボタンをクリックすることでミュートにできることが多いですが、「ミュートボタンが小さくて見つけにくい」「マウスカーソルを合わせるのが面倒」といった声もあがっているようです。

そんなニーズに応えるために開発されたのが、「Luxafor Mute Button(ルクサフォー ミュートボタン)」です。使い方は至って簡単。ボタンを押して赤色になれば、ミュート状態。もう一度ボタンを押して緑色になれば、マイク状態です。

フルカラーLEDを内蔵している本体が発光することで、ミュート状態かどうか直感的に判断することができます。またミュート時・解除時の発光カラーは、自分の好きな色に設定することが可能です。

ソフトウエアを問わずに利用可能

「Luxafor Mute Button」を使えばパッと見でミュート状態がわかるため、これまでWeb会議で起こりがちだった「ミュート忘れ」や「ミュート状態で話続けてしまい、声が届いていなかった。」などの問題が解決できそうです。

1対1のコミュニケーションだけでなく、大人数でのWeb会議、友人との気軽な雑談の場、真剣な商談の場など、さまざまな場面で大活躍するかもしれません。

ソフトウエア側のミュート状態を操作するのではなく、OS側のマイクを操作するため、どのツールでも使用可能な点もメリットでしょう。Zoom、Teams、Google Meet、チャットワーク、Discord、Slackなど、システムを問わず活用することができます。 また、OSはWindows、Macのどちらでも対応可能とのこと。

「Luxafor Mute Button」は、記事執筆時点で8330円(税込)で応援購入可能。 出資は2022年3月13日まで受け付け、発送は4月を予定しています。

Makuake

(文・Takeuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報