海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 地域の魅力を再発見! まちの“小ネタ”を共有するアプリ「Loupe」、1都3県で提供開始

Tech

地域の魅力を再発見! まちの“小ネタ”を共有するアプリ「Loupe」、1都3県で提供開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、株式会社Relic、株式会社ハウスカは、まちの“小ネタ”共有アプリ「Loupe(ルーペ)」を共同で企画・開発。ドコモが外部有識者との共創により新規事業を創出するプログラム「39works」から生まれたサービスです。

本サービスは、2022年2月18日(金)から、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県で本格展開を開始。自分のまちの魅力を共有・再発見することができます。

まちの“小ネタ”共有アプリ「Loupe」

Loupeは、地域で生活する人々のさまざまな興味や関心(“小ネタ”)をマップ(位置情報)と画像で共有するソーシャルサービスです。

従来の地図情報サービスや地域情報共有サービスと異なり、居住地域や職場がある「あなたのまち」の“小ネタ”や地元の店舗情報などが投稿されるので、知っているようで知らなかった発見があるかもしれません。「食べる」「名所」「イベント」など、さまざまなカテゴリがあるので、興味のあるスポットを効率良くチェックできるでしょう。

また、Googleマップとの連携機能が搭載されているので、気になったスポットにはナビゲーションを活用して散策をすることも可能です。

本サービスは、2021年10月からすでに東京都限定で先行して提供されており、一般の利用者の投稿に加え、さまざまな専門家やクラウドワーカーである「Loupeマスター」にも“小ネタ”の収集と投稿を依頼することで、東京都のあらゆる魅力が発見されています。

なお、2月18日(金)時点では、iOSのみに対応しています。

生活する地域でのQOLの向上を目指す

コロナ禍の移動制限により、近場への外出が増えた人も多いでしょう。これまでは気づかなかったような地元のスポットやお店を見つけた人もいるかもしれません。

Loupeは、生活する地域でのQOL(Quality Of Life)の向上を目指しています。あなたのまちの“とっておき”を見つけ、共有してみてはいかがでしょうか。

PR TIMES

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報