海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 音楽フェスもメタバースで! バーチャル空間上に再現した梅田の街にて、阪急阪神HDら開催

Tech

音楽フェスもメタバースで! バーチャル空間上に再現した梅田の街にて、阪急阪神HDら開催

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪急阪神ホールディングス株式会社(以下、阪急阪神ホールディングス)は、大阪・梅田の街をデジタル空間上に忠実に再現した「JM梅田(Japan Multiverse 梅田)」において、音楽祭「JM梅田ミュージックフェス(β)」を3月12日(土)・13日(日)に開催します。

バーチャル空間上の大阪・梅田で、VTuberなどのバーチャルキャラクターによる音楽ライブなどを楽しむことができます。

ステージゾーンとブースゾーンで構成

JM梅田ミュージックフェス(β)」は、梅田の中心地、阪急百貨店と阪神百貨店が向かいあう梅田新道交差点で開催される設定。

JM梅田には、ステージゾーンと2つのブースゾーンを設置します。ステージゾーンでは出演者の音楽ライブを視聴することができ、ブースゾーンでは各種イベントやグッズの購入などを楽しめるとのことです。

来場者はアバターを通じて参加可能。実際に梅田の街を歩いているような臨場感を体験できるほか、音声やテキストチャットで仲間とコミュニケーションをとることもできます。

今夏開催のミュージックフェスに向けたトライアル

阪急阪神ホールディングスは、デジタル技術の活用を通じた既存事業の収益力強化や、デジタル空間における新たな収益事業の創出を目指しています。

「JM梅田ミュージックフェス(β)」は、JM梅田で今夏に開催予定の本格的なミュージックフェスに向けたトライアル(βイベント)として実施されるものです。同社は、本イベントで得られるノウハウを活かして、今夏のイベントではさらにプログラムを充実させていくとのこと。

そして、JM梅田以外にも、日本全国のさまざまな都市をバーチャル空間上に再現してイベントを開催する「Japan Multiverse Project」などの取り組みを進めていくとしています。

PR TIMES(1)(2

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報