海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 月極駐車場の管理業務を最大95%削減可能! ハッチ・ワークが総額6億円の資金調達を実施

Start Up

月極駐車場の管理業務を最大95%削減可能! ハッチ・ワークが総額6億円の資金調達を実施

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
月極駐車場オンライン管理システムを提供するハッチ・ワークは、シリーズBラウンドで総額6億円の資金調達を実施。

同ラウンドには、ENEOSイノベーションパートナーズ合同会社、株式会社マーキュリアインベストメント、イノベーション・エンジン株式会社、株式会社ベンチャーラボインベストメント、南都キャピタルパートナーズ株式会社などが参加しました。

管理業務の95%を自動化

ハッチ・ワークは、不動産会社向けの月極駐車場オンライン管理システム「アットパーキングクラウド」を提供するスタートアップ。

「募集は現地看板中心で、ネットでの広告費はかけられない。そのため、インターネットからお客様はこない......」「忙しいときに限って、満車でも問い合わせの電話がかかってくる......」。このような悩みを抱える日本全国の駐車場オーナーに向けて開発されたのが「アットパーキングクラウド」です。

同製品は、駐車場契約希望者が検索から申込、契約、決済までを全てオンラインで完結することができるプラットフォーム。管理会社は物件情報の募集、審査、契約手続き、賃料回収といった管理業務の95%を自動化により削減可能とのこと。

また同社は、駐車場検索ポータルサイト「アットパーキング」も展開。データ連携する大手住宅ポータルサイトに駐車場情報が自動的に掲載されるため、駐車場契約希望者は簡単に検索することができ、管理会社は手間を減らして集客を増やすことができます。

地方銀行との連携も

ハッチ・ワークの担当者は「特に『アットパーキングクラウド』は、月極駐車場の集客力が高まり、同時に業務削減ができるとして、全国で導入が急加速しています。調達した資金は、さらなる拡大に向けた新サービス設計やシステム開発へ投資し、不動産会社やユーザーの利便性を向上します」とコメント。

同社は、今回のシリーズBラウンドで出資した南都キャピタルパートナーズの親会社である南都銀行とも連携することで、地域で月極駐車場を管理する不動産会社のDXを推進するとしています。

PR TIMES

(文・Takeuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報