海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech エレベーターでばったり会うかも? 大手町で掃除をしたり食事を届けたりするロボット活動中

Tech

エレベーターでばったり会うかも? 大手町で掃除をしたり食事を届けたりするロボット活動中

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
経済産業省は、ロボットを導入しやすい環境いわゆる“ロボットフレンドリー(ロボフレ)”を実現するため、2019年に「ロボット実装モデル構築推進タスクフォース(以下、TF)」を設置しました。

ロボフレ整備の対象のひとつである施設管理分野においては、施設内において複数のロボットが自律的にフロア移動しつつ、搬送・清掃・警備を実施することにフォーカスした取り組みを進めています。

そしてこのたび、TFの参加事業者である三菱地所株式会社(以下、三菱地所)が、経済産業省補助事業「令和3年度革新的ロボット研究開発等基盤構築事業(ロボットフレンドリーな環境構築支援事業)」を受託。パナソニック株式会社(以下、パナソニック)やNECネッツエスアイ株式会社(以下、NECネッツエスアイ)らと共に、大手町のオフィスビルにて実証実験を開始しました。

エレベーターに乗り、セキュリティドアをくぐる

まずは、「大手町フィナンシャルシティグランキューブ」および「大手町パークビルディング 3 階~5 階」にて実施されるロボットを活用した清掃サービスについて紹介しましょう。

同サービスは、ロボットと各種ビル設備(エレベーター・フラッパーゲート・セキュリティドア・入退管理システム)を連動させ、ロボットが各居室・フロアを移動しながら清掃を行うというもの。これを実現するシステムを開発し、実際に運用することで、ロボットの効率的な導入・運用および清掃業務の効率化を検討します。

導入するロボットは、パナソニックのロボット掃除機(実証モデル)。クラウドシステムと連携したスケジュール機能搭載で、設定時間になるとLiDARで共用部・専有部の掃除環境を自動認識し、決められたエリアの清掃を行います。

大手町フィナンシャルシティ グランキューブでは、エレベーターと連携した階をまたぐ清掃を、大手町パークビルディングでは、セキュリティドアやフラッパーゲートと連携した区画をまたぐ清掃を行うようです。

実証期間は、1月17日(月)~2月末の予定。パナソニックのほか株式会社セキュア、日本信号株式会社、株式会社日立製作所(以下、日立製作所)が参画します。

各階のテナント利用者に飲食物を配達

次に「大手町フィナンシャルシティグランキューブ」にて実施される、ロボットを活用したフードデリバリーサービスについて。

これは、スカイファーム株式会社が運営するフードデリバリーサービスと運搬ロボット、各種ビル設備を連携し、ロボットが屋内外の飲食店舗からオフィスまで食事を運ぶサービスです(1月25日時点では7つの飲食店が参加)。

運搬ロボットとしては、パナソニックの搬送ロボットとNECネッツエスアイの配送ロボット「YUNJI DELI(ユンジ デリ)」を導入。両ロボットともにエレベーターと連携し、各階の注文者に飲食物を届けます。また、パナソニックの搬送ロボットは、注文された飲食物を屋外の店舗まで取りに行くことも可能です。

実施期間は、1月12日(水)~2月末の予定。上記3社に加え日立製作所も参画します。

ちなみに、掃除サービス・フードデリバリーサービスともに、ロボットとエレベーターの連携においては統一規格を活用。これにより、メーカーの異なる複数のロボット導入を実現しています。

PR TIMES(1)(2
経済産業省
三菱地所株式会社
パナソニック株式会社

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報