海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 不動産テックを推進!レオパレス21、ビットキーのスマートロックとhomehubを44万戸に設置

Tech

不動産テックを推進!レオパレス21、ビットキーのスマートロックとhomehubを44万戸に設置

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社レオパレス21(以下、レオパレス21)は、株式会社ビットキー(以下、ビットキー)のスマートロックと、暮らしのコネクトプラットフォームhomehub(ホームハブ)を採用したと発表。

同社が管理する賃貸物件の約8割に相当する44万戸を対象に、2022年6月から導入します。同規模での賃貸住宅へのスマートロック設置は、“業界最大規模”とのこと。今後は、さらなる「賃貸管理物件の入居者の利便性向上」と「不動産テック」の推進を目指します。

鍵がなくても玄関扉を解錠!スマートロック

ビットキーのスマートロックは、鍵を持ち歩かずに玄関扉の解錠をすることが可能。スマートフォンの専用アプリやICカード、テンキーでの暗証番号入力など、複数の認証手段を用いて解錠できます。

鍵の紛失リスクを減らせるほか、オートロックで締め出されるトラブルにもスムーズに対応できます。

入居者本人の不在時には、時間制限のある「ワンタイムチケット」や「ワンタイムパスコード」を家族や友人などに送付すれば、鍵を渡す必要はありません。オートロック機能に加え、施解錠履歴の管理機能も備えているため、セキュリティ対策も万全です。

入居者向けアプリとビジネス側の管理システムを提供する「homehub」

また、同じく導入されるhomehubは、ビットキーが開発する暮らしのコネクトプラットフォーム。入居者向けアプリと、ビジネス側の管理システムを、あわせて提供します。

入居者は、賃貸契約の管理、問い合わせ、各種申請はもちろん、宅配便やクリーニング、食品配送、家事代行といったサービスの注文手配まで、ひとつのプラットフォーム内で対応することが可能です。

不動産管理会社などは、鍵の自動発行システムや内見予約システムなど、管理システムとして活用できます。入居希望者は、内見の際や入居契約後に、鍵を受け取るための来店が不要になるため、時間や手間が省けるだけでなく、非対面による感染症対策としても有効です。

「不動産テック」の推進に

レオパレス21の執行役員/賃貸事業部 営業推進部長 勝又 啓二氏は、数ある製品から、ビットキーのスマートロックの採用を決めた理由として、「ラインナップが複数あることで、幅広く管理物件の鍵に対応できるほか、初期費用を抑えて導入できる手軽さ」を挙げています。

勝又氏はさらに「今後、スマートロックは賃貸物件で必須アイテムになると考えています。業界のリーディングカンパニーとして、この取組みを通じて、不動産テックの活用を後押しする役割を担いたい」と語っています。

PR TIMES(1)(2
株式会社ビットキー

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報