海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Social Media 物語の相棒は羊! 睡眠習慣記録アプリ「よひつじの森」は、楽しみながら睡眠習慣を改善できそう

Social Media

物語の相棒は羊! 睡眠習慣記録アプリ「よひつじの森」は、楽しみながら睡眠習慣を改善できそう

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
物語とテクノロジーの活用による「現実の拡張」に取り組む株式会社ENDROLL(以下、ENDROLL)と、株式会社集英社(以下、集英社)。

このたび、両社が共同開発・運営する、ライフハックエンターテインメント事業のプロジェクト第一弾として、睡眠習慣記録をテーマにしたアプリ「よひつじの森」のiOS版を、2022年春にリリースすることを発表しました。

眠れない夜を楽しむアプリ「よひつじの森」とは

「よひつじの森」のテーマは、スマホから離れて自分だけの静かな夜を過ごすこと。

寝る前についスマホを触ってしまうことで、寝つきが悪くなったり、夜更かしをしてしまったりする人に向けて企画・開発された、睡眠習慣記録用のスマホ向けアプリ(iOSのみ対応)です。
眠るときはスマホをさわらない、目標の時間までに寝るなど、羊のキャラクター「ヨル」と共にゲーム内を過ごし睡眠習慣を記録していくことで、自分の牧場に羊たちが増えていきます。

また、眠ることで自然の音を奏でる音楽が集まったり、物語が広がっていったりもするとのこと。羊のキャラクターが旅を進めるにつれて明らかになっていく「世界の秘密」も、本作の見所だといいます。
さらに、本リリースまでの過程を制作陣とともに楽しむクローズドコミュニティ「ヨルトコロ」も先駆けてオープン。コミュニティ内では、一足先に「よひつじの森」をプレイできるほか、コミュニティ内限定で公開される裏話を読んだり、ライフハックエンターテインメント事業のプロジェクト第二弾の企画に参加したりと、さまざまな楽しみ方があるようです。

「よひつじの森」公式クローズドコミュニティ「ヨルトコロ」参加ページ

ライフハックエンターテインメント事業について

ヘルスケア市場は、2015年以降、年率25%の拡大を続けているといいます。そして、テクノロジー企業の参入によって、「より簡単に」「より楽しい」健康へのアプローチとして、ゲーミフィケーションに注目が集まっています。

そこで、ゲーミフィケーションの知見をもつENDROLLと、物語作りのノウハウをもつ集英社の二社がタッグを組み、「生活をより豊かにするエンターテインメント」を共創。ライフハックエンターテインメント事業を開始しました。

ENDROLL 代表取締役 前元健志氏は、「集英社様と取り組んでいくライフハックエンターテインメント事業では、弊社の手掛ける作品の特徴のひとつである『物語の現実世界への影響力』を、生活習慣改善に応用することによって、ただ面白いだけにとどまらず、プレイヤーの皆様の日常に対しても、明確な実利を届ける体験づくりを目指して参ります」とコメントしています。

PR TIMES
よひつじの森 公式サイト

(文・Amuro)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報