海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ゴーグル・年齢制限なしで体験できる「等身大VR」登場! 紙素材のスクリーンもポイント

Tech

ゴーグル・年齢制限なしで体験できる「等身大VR」登場! 紙素材のスクリーンもポイント

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ビーブリッジ(以下、ビーブリッジ)とエプソン販売株式会社(以下、エプソン)は、専用ゴーグルを使わず没入感の高いVR体験を実現する「等身大VRソリューション(以下、等身大VR)」を開発。今後さまざまなイベントで、ビジネスに限らず一般にも展示公開する見通しです。

幼児から高齢者まで楽しめるVR体験

「等身大VR」の特徴は、専用ゴーグルなしでVRコンテンツを体験できるということ。多くのVRゴーグルは、12歳以下の子どもの利用は推奨されていません。また、高齢者にとってゴーグルありのVR体験はハードルが高いという課題もありました。

そんななか誕生したのが、ゴーグルを使用しない「等身大VR」。これにより、幼児から高齢者まで幅広い層にVR体験を提供できるでしょう。

「等身大VR」は、ビーブリッジの精密なVR表現をエプソンの高品質・高性能プロジェクション技術によって、湾曲したスクリーンに照射。体験者がスクリーンの中心に立つことで没入感の高い映像体験を実現します。

体験者はゴーグルの装着感なくより自然なVR体験ができるようです。また、体験者が見ている映像を同行者も見られるため印象に残りやすく、体験型のプロモーションに適しているといいます。

スクリーン素材は段ボール

もうひとつのポイントは、VR映像を投影するスクリーンの素材に段ボールを使用していること。従来のVR展示では、大掛かりなセットの設営や終了後の撤去・廃棄などに時間とコストがかかっていました。しかし「等身大VR」のセットは、工具を使わずに組み立てられるため設営が手軽なうえ、紙素材のため環境にも優しいというわけです。

また、映像投写にエプソンの高輝度プロジェクターと超短焦点ゼロオフセットレンズを組み合わせ、短い距離での大画面投写を実現。これにより、コンパクトな設置スペースで展示できるとのことです。

さらに、設置したプロジェクターを隠したり、紙素材にロゴなどを印刷したりと、会場の雰囲気になじむ空間演出ができるのも魅力のひとつでしょう。

PR TIMES
エプソン販売株式会社

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報