海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ヘビメタファンのヘッドフォンはこれで決まり!? 大音量でも耳にやさしいHEAVYS

Tech

ヘビメタファンのヘッドフォンはこれで決まり!? 大音量でも耳にやさしいHEAVYS

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国最大級のクラウドファンディングサイトKICKSTARTERに、ロックミュージックのスタイルのひとつであるヘビーメタルに特化して設計されたヘッドフォン「HEAVYS」が登場。

記事執筆時点で970名のサポーターから約16万ドル(約1820万円)を集めており、目標額に対する達成率は約600%となっています。

大音量でも鼓膜を保護

「ヘビーメタルのサウンドは、それに最適なヘッドフォンで聴くべきだ」という開発者のアイデアから生まれたのが、HEAVYSです。

8つのドライバーユニット(ヘッドフォンの音を鳴らす部分)が効果的に配置されており、複数の周波数レンジを使用することで、フルサイズの家庭用スピーカー並の音質を耳元で楽しめるとのこと。

また、特許出願中の技術により、ヘッドホンの「大音量化」を実現しています。ヘビーメタルのファンが満足できる音量でありながらも、鼓膜もしっかり保護する機能を搭載。そのほかにも、ノイズキャンセリング機能・形状記憶型イヤーカップ・有線/無線オプション、長時間再生機能などを備えており、製品の細部にまで気配りがなされています。

販売会社は「HEAVYSはロスレス(オリジナルのデータをそのまま全部維持する圧縮形式)ですので、ユーザーはレコーディングされた音源を最も正確な形で聴くことができます」とコメント。

複数のドライバーで音の歪みをなくす

HEAVYSの特徴はそれだけではありません。

ほとんどのヘッドフォンは片耳にひとつずつドライバーユニットが付いていますが、HEAVYSは4つずつ搭載。4つのドライブにより、それぞれが異なる周波数に集中することが可能です。つまり、低音、中音、高音を1つのドライバーに対応させる必要はなく、それぞれのスピーカーが目的に応じた周波数帯域で音を鳴らします。

「音の歪み」を抑えることで、低音、中音、高音の細部までクリアで正確に聴くことができるように。販売会社の担当者は「1つのスピーカーだけを搭載した従来のヘッドホンでは不可能で、特にヘビーメタルのユニークで複雑なサウンドには欠かせないものです」と話しています。

「Heavys Headphones」は、記事執筆時点で149ドル(約1万7000円)で入手可能。 出資は2022年3月2日午後11時7分(日本時間)まで受け付け、世界各国への発送は8月を予定しています。

KICKSTARTER

(文・Takeuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報