海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 歩行者を守るエアバッグ搭載! Nuroが配達用自動運転車の新モデルを発表

Tech

歩行者を守るエアバッグ搭載! Nuroが配達用自動運転車の新モデルを発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
グローサリーなどのラストマイル配達を行う自動運転車を展開している米Nuroが、第3世代の車両を発表しました。

万一時に歩行者を衝撃から守るエアバッグを搭載するなど安全性を高め、また操作用のタッチスクリーンやコンパートメントを大きくするなど使いやすさの向上も図っています。

乗用車より20%小さく

車両は運転席のないポッドデザインで、全体的に丸みを帯びたキュートな小型カーです。今回、従来のモデルから一層の小型化を図り、平均的な乗用車より20%ほど小さいとのことです。

小型化したのは、路上で歩行者や自転車のスペースをより多く確保し、ひいては安全につなげる、という意図があってのことです。また、フロント部分にはエアバッグを内蔵し、これは万一、衝突したときの衝撃を和らげる狙いがあります。

保冷・保温機能も搭載

デザイン面に眼を向けると、これまで同様、配達荷物を収納するコンパートメントは2つで、より多くのものを収納できるよう、それぞれスペースが拡大されています。

2つのコンパートメント合計で容量は0.7立方メートル、最大積載量は約226キロとなっています。また、コンパートメント内部の温度はマイナス5度〜46度に設定可能です。

さらに、ユーザーが使用するタッチスクリーンのディスプレイも大きくなっていて、操作しやすいよう配慮されています。

自動車としてのスペックはというと、最高速度はこれまでのモデルよりも速い時速72キロです。従来モデルと同じく電気で走行し、再生可能エネルルギーを使用するとのことです。

加えて、自動運転を可能にしているセンサーネットワークの能力もアップしていて、木の葉とペットを見分けたり、濃い霧の中でも横断歩道に歩行者が何人いるかを把握したりすることができるとのことです。

Nuroによると、新モデルは大量生産の準備ができていて、すでに同社の車両が走行しているテキサスなどの路上に登場する日はそう遠くなさそうです。

Nuro

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報