海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 現場の把握・報告はスマホで! 建設業向けクラウド現場管理アプリ「ゲンバスター」

Tech

現場の把握・報告はスマホで! 建設業向けクラウド現場管理アプリ「ゲンバスター」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダットジャパン株式会社は、建設業界向けのクラウド現場管理アプリ「ゲンバスター」の早期アクセス版をリリース。現場監督の現場間の移動や事務処理、報告業務や職人への図面共有などの各作業の効率化をサポートします。なお、同アプリは、iPhone、iPad、Androidで利用可能です。

グループチャット機能と写真管理機能

「ゲンバスター」の早期アクセス版には、現場での指示・報告などを効率化する機能と、現場把握に重要な写真の編集・管理機能が搭載されています。

まず、工事ごとに作れるグループチャット機能。LINEのような親しみやすいUIで、既定のテンプレートに沿って指示や報告連絡を投稿する形となり、写真や図面などの資料添付も可能です。投稿された資料や写真はすべてクラウド保存されるため、常に最新の情報を維持して運用できるといいます。

次に、写真の編集・管理機能。同アプリで撮影した写真には、文字・線の書き込みや図形の貼り付けなどができ、書き込みを維持したまま保存して指示書や報告書に添付することも可能です。また、チャットで送られた写真は、工事・工種ごとに自動整理され、写真一覧画面で閲覧可能。各写真を拡大して詳細を確認したり、他の工事・工種へ移動したりもできます。

正式版で実装予定の機能

「ゲンバスター」は、正式版リリースに向け、さらに便利な機能を開発中です。

例えば、これまでのオフラインでの情報共有をオンライン化するオンラインホワイトボード機能。スケジュール表や安全管理ポスターなどを掲載期間を指定して貼り付けたり、複数の現場に共有したりできるのも便利そうです。また、登録した図面や資料の任意の箇所にピンを表示し、そのピンへ写真や注意事項といった情報を付与する機能も実装予定。ピンを表示した図面や資料は指示書・報告書への添付や印刷が可能です。

さらに、指示書・報告書の作成がグループチャット以外からでもできる機能も開発中。あらかじめ用意されたテンプレート以外にも自分でテンプレートをカスタマイズしたり、紙形式のテンプレートを写真撮影し、自動で電子テンプレート化したりできるようになるとのことです。

この他、事前にテンプレート登録した電子小黒板付きで写真を撮影する機能や、ガントチャート型のスケジュール管理機能なども実装予定。なお、スケジュールはExcel、PDF、画像形式で出力可能になるようです。

PR TIMES
「ゲンバスター」公式サイト

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報