海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ウェス・アンダーソン監督作品の世界観を再現! メカニカルキーボード「CYBERBOARD R3」登場

Tech

ウェス・アンダーソン監督作品の世界観を再現! メカニカルキーボード「CYBERBOARD R3」登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国のデスクトップデバイスブランドAngry Miao社は、ウェス・アンダーソン監督の名作にインスパイアを受けたメカニカルキーボード「CYBERBOARD R3」を発表。

2021年12月23日よりMakuakeにてプロジェクトを開始し、わずか数秒で目標金額を達成しています。

遊び心満載! 唯一無二のキーボード

同製品は、歴代の「CYBERBOARD」でも好評だったLEDマトリクスを200個搭載。RGBハードウェアや256色のDC調光、リフレッシュレートを200fpsまでアップグレードしました。また、バックライトには13のバリエーションがあり、LEDマトリクスと組み合わせれば無限大のイルミネーションを楽しめるといいます。

表示するアニメーションはAngry Miao公式サイトのライブラリーから約150種類を無料でダウンロードすることが可能。自作の画像をAngry Miaoのアニメーション作成サイトへアップロードすることで、簡単に自動変換することもできます。

他にも、キー配列の変更や透過性のあるキーキャップセット、打鍵感の異なるアルミニウムプレート、日本国内数量限定のカスタムパーツ「THE CHIMNEY CAT(白猫のキーキャップ)」など、オリジナルキーボードを作れるカスタマイズ性がポイントです。

ストレスフリーな作業を実現する機能にも注目

同製品は、Bluetooth 5.0を搭載し、チャタリング・遅延などを大幅に軽減しているのも魅力のひとつ。キーボードのリアクションの良さが打鍵時の快感をアップさせるといいます。また、マルチペアリングに対応し、PC、スマートフォン、タブレットなど最大3台の端末をワンタッチで切り替えることができるのも便利そうです。さらに、ケーブルを抜き差しするだけで、無線・有線を簡単に切り替えできるのもポイントでしょう。

リターンには、オリジナル性を追求できる「ベースキット」と、届いた日から使える「完成版キット」を用意。アンダーソン監督の作品の世界観を思わせる3色を展開しています。同製品は、ベースキットは74,000円~(税込)、完成版キットは94,000円~(税込)の支援でひとつ入手可能(執筆時点)。2022年2月21日まで支援を受け付け、3月末までに発送予定とのことです。

Makuake

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報