海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 凸版印刷とsouco、“倉庫の遊休スペース×IT”で物流DX加速へ

Enterprise

凸版印刷とsouco、“倉庫の遊休スペース×IT”で物流DX加速へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、人手不足などに悩む物流業界では、DXによる課題解決に期待が寄せられています。また、国土交通省の「2021年総合物流施策大綱」に、倉庫内遊休スペースの有効活用によって、多様化する保管需要に対応する倉庫シェアリングを推進していくことが盛り込まれるなど、国としても物流・倉庫業界の変革を推進していく構えです。

そんな中、凸版印刷株式会社と株式会社soucoは、2021年12月に資本業務提携契約を締結。凸版印刷が2021年6月に子会社化した株式会社アイオイ・システムも含め、それぞれの技術・ノウハウを組み合わせて、物流DX分野における倉庫ソリューション開発を進めていきます。

各社が有する技術・サービス

凸版印刷は、「Erhoeht-X®(エルへートクロス)」というコンセプトのもと、DX事業を展開中。物流関連では、RFIDを活用したトレーサビリティシステムなどを提供しています。そして、デジタルピッキングシステム(DPS)で国内最大手のアイオイ・システムを子会社化し、物流DX市場へ本格参入しました。

アイオイ・システムが有するDPSとは、表示器を利用したピッキング支援システム。物流センターなどの作業者が、表示器のランプが光った場所に足を運び、表示器に表示された数だけ商品を取り出すことで、誰でも簡単に、素早く正確なピッキング作業を行うことが可能となります。

一方soucoは、物流施設・倉庫の空きスペースを抱える企業と、保管スペースを必要とする企業をマッチングする「souco」を提供中。全国1,300超拠点の倉庫ネットワークを有し、預けたい荷物の種類、利用期間、保管エリアなどの条件に最適な倉庫を提案します。段ボール1箱~預けられることや、1日単位の荷物量で保管料が計算される(従量課金)ことなども利用しやすいポイントでしょう。なお、段ボールの他、カゴ台車や冷凍冷蔵品も預けられます。

提携の先に……

今回の提携により凸版印刷とsoucoは、双方の技術を掛けあわせた検証および共同研究・開発を推進し、2023年度までに物流DX分野における事業創出を目指すとのことです。

具体的には、「souco」で提供している倉庫へのDPS導入と、ピッキング・仕分け工程の効率化を希望する顧客のニーズに応えるソリューションの共同開発が予定されています。

また、倉庫利用者・提供者の抱える在庫管理や輸送コストなどの課題に対して、トレーサビリティシステムなどを用いた「物流サービスの標準化・最適化」に資する新たなソリューションを企画立案・検証していく構え。さらに、倉庫利用者に提供するピッキング・仕分け・梱包配送などを含めたオペレーション業務を行うための企画立案およびサービスメニューの開発も検討していくようです。

PR TIMES
株式会社アイオイ・システム
株式会社souco

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報