海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 大学の卒業生たちからプロジェクト資金を集められるオンラインプラットフォーム「Schoolyard」

Start Up

大学の卒業生たちからプロジェクト資金を集められるオンラインプラットフォーム「Schoolyard」

大学とは、専門的な研究教育機関であり、いつの時代も、自分が学習して身に着けた知識や実績を活用して、事業を立ち上げ、世の中に役立てたいという、高い志と意欲をもった学生がいるものだ。そんな彼らをサポートしたいと、出身校の卒業...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
大学とは、専門的な研究教育機関であり、いつの時代も、自分が学習して身に着けた知識や実績を活用して、事業を立ち上げ、世の中に役立てたいという、高い志と意欲をもった学生がいるものだ。そんな彼らをサポートしたいと、出身校の卒業生が考えた場合、これまでは大学という窓口を通して寄付金というかたちで献金する方法が当たり前だった。しかし、このやり方だと大学生と、彼らを支援したい卒業生の間には、多くの仲介者が入ることになり、資金の分配の仕方や用途など、クリアに見えてこない情報も多い。

そんな問題を解決すべく、Dan Gailey氏は「Schoolyard」というプラットフォームの開発に着手したという。「Schoolyard」の利用方法はこうだ。まず、資金を募りたい学生はプロジェクトグループを作成、または参加したいグループを選択し、それぞれのプロジェクトグループのプロフィールや活動内容を掲載する。この「Schoolyard」を通じて、自分たちのグループのPRやメンバーの募集をしたり、プロジェクトに関心をもっている卒業生とやり取りをおこない、資金だけでなくアドバイスを集めることもできる。

卒業生たちにとっては、このサービスを活用することにより、自分がサポートしたい学生団体を自ら選択して献金をし、資金がどのように使われ、貢献していくのか、見届けることが可能になった。

2012年5月からベータ版が開始された「Schoolyard」では、すでに300のユーザーと、スタンフォード大学、コーネル大学をはじめとする32の大学が参加しており、オンラインを通して、学生や卒業生、大学関係者たちが、お互いに交流を深め、プロジェクト推進を後押しする手助けとなっている。

Schoolyard
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報