海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

‎Notification リモートワーカー注目! 「ディスプレイモニタの多い喫茶店」が横浜にオープン

‎Notification

リモートワーカー注目! 「ディスプレイモニタの多い喫茶店」が横浜にオープン

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
リモートワークの普及により、定住拠点を持たない多拠点生活やワーケーションなど働く場所の自由度が高まっています。

ワーケーションまではいかなくても、カフェで仕事をする人もいるのではないでしょうか。一方で、出先では画面が小さいノートPCしか使えないため、仕事がはかどらないという人もいるでしょう。

そんなお悩みを解決してくれそうなカフェが、横浜・みなとみらい駅直結のマークイズにオープンしました。その名も「ディスプレイモニタの多い喫茶店」。

クリエイターをはじめ、大きい画面が必要な人たちが作業がしやすい場所を目指しています。

ケーブルやキーボードなどレンタル可能

「ディスプレイモニタの多い喫茶店」は、一見すると普通の素敵な喫茶店。大きなタイルアートがあったり、名物のプリンがあったりと、アンティーク感を醸し出しています。

普通の喫茶店と違うのは、店の多くの席に27インチのモニタが備えつけられていること。机にはモニタとPCをつなぐケーブルや、充電用のUSB-Cケーブルがついていて、Mac・Windows用のキーボードやマウスも借りることもできます。

加えて、隣の席に人がいても気にならない高さ、作業するための充分な広さを確保するなど、快適な作業環境が整っています。

さらに、Slackに参加無料の「ディスプレイモニタの多い喫茶店」専用オンラインサロンを開設。

店舗に行く前に空席を確認したり、貸出備品の追加リクエストをしたりできるほか、常連のクリエイター同士がつながる場所など、クリエイターが集まる喫茶店だからできるサロンの形を目指しています。

「ビジネス感のあるコワーキングオフィス」にはしない

仕事環境が抜群に整っている「ディスプレイモニタの多い喫茶店」ですが、「ビジネス感のあるコワーキングオフィス」にはしないようこだわっているのだそう。あくまで喫茶店としての雰囲気を保ちつつ、作業もしやすいバランスのお店を目指しているといいます。

いつもと少し気分を変えて仕事がしたい、がっつりクリエイティブ作業がしたい、というときにいかがでしょうか。

PR TIMES

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報