海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Mobile 【2021年振り返り #1】健康管理の必需品! 今年発売の最新スマートウォッチ4選

Mobile

【2021年振り返り #1】健康管理の必需品! 今年発売の最新スマートウォッチ4選

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Galaxy Watch 4
ユーザーの健康や運動をトラッキングし、利便性に大きく貢献するスマートウォッチ。市場拡大に伴いテクノロジーが大きく進歩し、今ではスマートフォン不要で多くの機能が使えるようになりました。

多彩なモデルが登場した2021年、最新のスマートウォッチからおすすめの機種を紹介します。

シリーズ史上最高傑作をうたう「SUUNTO 9 Peak」

SUUNTO 9 Peakの写真スポーツウォッチで定評のある北欧ブランド・SUUNTO(スント)。最新の「SUUNTO 9 Peak」は、GPSにアクティビティとフィットネスのトラッキングを備えるハイエンドモデルで、シリーズ史上最も薄く小型な筐体が特徴です。

アウトドアのアクティビティに特化した機能が目立っており、そのひとつとして血中酸素飽和度(SpO2)も測定できるようになりました。「SUUNTO 7」と異なりグーグルの「Wear OS」を搭載しないため、グーグル系のアプリケーションを活用したい人は注意が必要です。

PR TIMES(アメアスポーツジャパン)

WearOS搭載で便利になった「Galaxy Watch 4」

Galaxy watch4の写真スマートウォッチとしての最新機能を存分に味わいたいなら、サムスンの「Galaxy Watch 4」がおすすめ。共同開発の「Wear OS ™ Powered by Samsung」を新たに採用し、Android端末との連携もよりスムーズになりました。

ミニマルで美しいデザインはさることながら、バイオアクティブセンサーを介して骨格筋、基礎代謝量、水分量、体脂肪率などの組成を簡単に測定できるのもポイント。95種類のワークアウトにも対応し、日々の健康管理をサポートしてくれる優秀なトラッカーです。

PR TIMES(サムスン電子)

最新の健康管理機能を詰め込んだ「HUAWEI WATCH 3」

ラグジュアリーなデザインの「HUAWEI WATCH 3」は、4年越しのフルモデルチェンジを果たした最新モデル。曲面ガラスと1.43インチの有機ELディスプレイを備え、デジタルクラウンによる物理操作が可能になりました。

センサー類は、加速度やジャイロ・環境光・気圧センサーなどに加え、体表面の温度も測定できるように。活動トラッキングは心拍数やSpO2測定に対応するほか、転倒や手洗いの検知、ストレスモニタリング、睡眠管理など充実しています。独自開発した「HarmonyOS 2」への換装により、ウォッチ上からのアプリインストールも可能になりました。

PR TIMES(華為技術)

多機能なフィットネストラッカー「Fitbit Charge 5」

「Fitbit Tracker」の発売から13年、フィットネストラッカーの市場を牽引するフィットビット。「Charge 5」もトラッカーのひとつですが、Suica対応に心電図測定機能など、スマートウォッチに匹敵する豊富な機能で注目を集めています。

GPS内蔵で、BluutoothやNFC(近距離無線通信)をサポートするほか、グーグルのペアリングシステム「Google Fast Pair」を初めて搭載。Android対応のスマートフォンなら近づけるだけでペアリングを始められるようになりました。

Google Blog
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報