海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ミュシャの絵画がNFTに。HTCのブロックチェーン技術を結集したグローバルアート取引プラットフォーム公開

Tech

ミュシャの絵画がNFTに。HTCのブロックチェーン技術を結集したグローバルアート取引プラットフォーム公開

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月9日、HTC(台湾)傘下のVIVE Artsは、アートおよびカルチャー分野向けの新しいグローバルアート取引プラットフォームをローンチ。デジタルアートのエコシステム構築を目指します。

VIVE Artsの新しいプラットフォーム

新しいプラットフォームは、HTCのブロックチェーン技術と専門知識を結集し、アーティストや団体が革新的なアートワークや作品を創作、展示、販売できるよう支援。物理的な世界とオンラインの両面で、グローバルなオーディエンスにリーチします。

直観的で使いやすいデザインが特徴で、アートファンから新しい購買層まで様々な人たちが、多様なデジタルアート作品に出会える場に。作品は、アーティストの知名度に縛られることなく選ばれたものばかりです。

プラットフォームにはカスタマイズ可能なオプションが用意されており、クリエイターと購買者の双方にとって利用しやすいのも魅力。VR、AR、XRと、あらゆる形のデジタルアート作品を扱うことができ、クリエイターはNFTエディションの数と販売形式を規定することが可能です。支払い手段としては、通常の通貨と暗号通貨の両方に対応。イーサリアムだけでなく、より供給側に配慮したPoS(プルーフ・オブ・ステーク)およびPoSA(プルーフ・オブ・ステーク・オーソリティ)ブロックチェーンを提供します。

オープン記念セールは、ミュシャ財団とのコラボ

12月17日からは、オープン記念セール「Timeless Mucha(みんなのミュシャ)」として、チェコ共和国の独立非営利慈善団体であるミュシャ財団と提携し、アルフォンス・ミュシャが描いたアールヌーヴォーの代表作を世界市場向けにNFTとして販売。長きにわたって、多くの人に愛されるミュシャの絵画をNFTとして入手することが可能です。

NFT化されるミュシャの絵画の写真セールはリアルとバーチャルの企画を並行させていて、2021年12月18日から2022年4月5日までミュシャ財団が台湾で開催する展示会「Mucha to Manga - The Magic of the Line(ミュシャからマンガへ — 線の魔術)」の開始に合わせて実施されます。展示会期間中は毎月新しいNFTを販売し、最終の2022年4月にはスペシャルオークションを実施する予定です。

VIVE Artsの使命は、デジタルイノベーションを通じて、アートとカルチャーの体験方法を変革し、創作活動において個々人が権利を行使できるようにして、世界中の文化遺産を保護すること。

今後、新たなアート形式による試みから、美術館・カルチャーイベント・オンラインでの最先端の表現の展示、ブロックチェーンにおける作品の保護と販売に至るまで、クリエーションのあらゆる過程でパートナーの方々をサポートしたいとしています。

PR TIMES

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報