海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 梅田の空にラピュタが! スマホ片手に楽しめるARコンテンツに注目

Tech

梅田の空にラピュタが! スマホ片手に楽しめるARコンテンツに注目

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年12月7日(火)から2022年1月10日(月)の期間、梅田エリアにて「XRシティ™OSAKA-UMEDA」プロジェクトが開催中。さまざまなARコンテンツを楽しむことができます。

「XRシティ™OSAKA-UMEDA」で体験できること

「XRシティ™OSAKA-UMEDA」は、XRによって普段の街をもっと楽しく便利にすることを目指す株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)の取り組みの一環。新宿で開催された「XRシティ™ SHINJUKU」に続き、今回は株式会社阪急阪神百貨店(以下、阪急阪神百貨店)、阪急阪神不動産株式会社(以下、阪急阪神不動産)と共に梅田エリアで開催します。

前回に引き続き、まずイベント参加者はアジアクエスト株式会社とクラウドサーカス株式会社が共同開発した専用アプリ「XRシティ™」をダウンロードします。阪急うめだ本店をはじめとした梅田エリア4か所の体験スポットにてスマートフォンをかざすと、さまざまなARコンテンツを体験することができます。例えば、阪急うめだ本店・祝祭広場では、スマートフォンをかざすことで、祝祭広場に雪が降る季節感あふれるエフェクトが重なります。また、阪急サン広場、うめきた外庭SQUAREでは、ドコモのキャラクター「ポインコ兄弟」が3Dモデルで出現!

ほかにも、ここでしか見られない「アニメージュとジブリ展」連動コンテンツとして、阪急うめだ本店屋上には「天空の城ラピュタ」に登場するお城が出現。梅田の空に浮かぶラピュタを撮影できます。

XRの活用方法を検証

本イベントは、スマートフォンさえあれば期間内いつでも参加できるので、接触や密を避けながら楽しむことが可能です。なおイベント期間中は、日本電信電話株式会社(NTT)が提供するVR空間プラットフォーム「DOOR™」でもイベント情報をチェックできます。

ドコモ・阪急阪神百貨店・阪急阪神不動産の3社は、「XRシティOSAKA-UMEDA」の開催を通して、XRを用いて街を回遊しながら楽しめるイベントの可能性や梅田エリアでのXRのさらなる活用方法を検証し、梅田エリアの継続的な活性化に貢献するとしています。

PR TIMES
XRシティ™OSAKA-UMEDA

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報