海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 音声アシスタントで「健康」について聞くのは危険? スタンフォード大が実証実験

Tech

音声アシスタントで「健康」について聞くのは危険? スタンフォード大が実証実験

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スタンフォード大学の研究チームは、「音声アシスタントは質の高い健康情報を提供するには不向きである」とした調査内容を発表しました。

健康情報を検索する場合は注意

Googleによると、Google検索の20回に1回は「健康」についての検索が行われているといいます。スマートフォンでタップさえすれば、オンラインでさまざまな健康情報にアクセスできるのは大変便利な一方で、必要な治療を行うのをためらってしまったり、反対に不必要な治療を行ってしまったり、などのリスクが指摘されています。

なかでも、Amazonが提供する「Alexa」、Appleの「Siri」、「Google アシスタント」などの音声アシスタントが私たちの身近な存在になるにつれて、健康情報について検索するときは特に注意しなければならないと同大学は警鐘を鳴らしています。

例えば、音声アシスタントがユーザーによる質問の意味を誤解してしまうというパターン。あるいは、信頼できないソースから不正確な応答を提供してしまうという可能性もあります。

「音声アシスタントが普及するにつれて、特に重要な健康問題に関しては、音声アシスタントが信頼できるソースから情報を引用しているかどうかを確認しなければなりません」と、スタンフォードの社会科学研究者であるGrace Hong氏は話します。

すべてが正確な情報ではない

Hong氏は調査を進めるなかで、音声アシスタントががん検診に関する質問に答えられないことに加え、信頼できないソースからの引用や、検診に関する不正確な情報を提供する場合があることがわかったといいます。この研究では、5人の研究者がさまざまな音声アシスタントに11種類のがんについて検診を受けるべきかどうか尋ねました。

すると、これらの質問に対して、Alexaはほとんどの場合「わかりません」と回答。 SiriはWebページを提供することが多く、音声での回答はしませんでした。Google アシスタントとMicrosoft Cortanaは、音声での回答といくつかのWebリソースを提供したとのこと。

詳しく分析していくと、Siri・Google アシスタント・Cortanaによって提供された上位3つのWebサイトにおいて、がん検診を受けるべき年齢について正確な情報を提供したのは、約60〜70%にとどまったといいます。

音声での応答の精度に関しては、Googleアシスタントは約64%の精度でWebサイト上の情報と一致していましたが、Cortanaの精度は45%まで低下。CDC(米疾病対策センター)やAmerican Cancer Societyなどの信頼できる情報源を案内することが多かった一方で、信頼できない情報源を案内することもあったとのこと。

「健康問題に関しては、信頼できる情報ソースから正確な情報を受け取る必要があります。 健康にまつわる誤った情報が多く出回っている現在、この心得は今まで以上に重要でしょう」とHong氏はコメントしています。

Are Voice Assistants a Reliable Source of Health Information?

(文・Takeuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報