海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 施行迫る!改正電子帳簿保存法対応の電子帳簿保存システム「楽楽電子保存」

Tech

施行迫る!改正電子帳簿保存法対応の電子帳簿保存システム「楽楽電子保存」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
経済社会のデジタル化を踏まえ、2022年1月に改正電子帳簿保存法が施行されます。

この動きを受け、株式会社ラクス(以下、ラクス)は、2022年1月中旬より、電子帳簿保存システム「楽楽電子保存」の提供を開始予定。現在、事前登録受付中です。

改正電子帳簿保存法で変わることとは?

これまでも、Techableでは、ラクスの調査結果を用いながら、改正電子帳簿保存法について取り上げてきました。

具体的には、2022年1月より、電子で受け取る請求書等の国税関係書類は原則、電子での保存が必要となります。今までは、電子請求書システムやメール添付など、PDF形式等で受け取る請求書などの国税関係書類は、紙に印刷しての長期保管が認められていました。

「楽楽電子保存」でできること

このたび新しく提供を開始する「楽楽電子保存」は、ラクスが提供中の電子請求書発行システム「楽楽明細」で受け取った電子請求書等の帳票を電子保存・一元管理できる無料サービス。複数の取引先から「楽楽明細」で請求書を受け取っている場合、「楽楽電子保存」を利用すると、各社のページへログインする必要がなくなります。2022年1月からの改正電子帳簿保存法の要件(検索や、訂正削除に関する要件等)にも対応。

「楽楽明細」以外の電子請求書システムや、メール添付で受け取った請求書などの帳票をアップロードし、管理できる機能リリースも現在検討しているとのことです。

PR TIMES
楽楽電子保存

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報