海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 写真1枚で3Dアバターを生成する「メタクローン™アバター」モノクロ写真でもオリジナルの色を予想し着色

Tech

写真1枚で3Dアバターを生成する「メタクローン™アバター」モノクロ写真でもオリジナルの色を予想し着色

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
現在、ヒトの身体的・生理学的な特徴(外見)から、個性や感性、思考、技能などを含む内面までを再現する、ヒトのデジタルツインが注目されています。

そんななか、凸版印刷株式会社と株式会社ラディウス・ファイブは、メタバース上でサービスを開発・運用する企業向けに、1枚の写真からリアルな3Dアバターを自動生成するサービス「メタクローン™アバター」を開発しました。

写真の状態を問わず生成可能! カスタマイズも

「メタクローン™アバター」では、顔写真を1枚アップロードし、身長や体重を入力するだけで簡単にフォトリアルな3Dアバターを自動生成することが可能。自分にそっくりな3Dアバターでバーチャルライブに参加したり、ゲームをプレイしたり、バーチャル試着をしたりと、メタバースにおける新たな体験を提供します。

アップロードする写真は、モノクロや不鮮明なもの、あるいは絵画でも問題ありません。AIによって顔の構造・形状・表面・陰影・色などを再現し、汎用性の高い修復を実行するからです。モノクロ写真については、物体の特徴や種類、隣接している領域などを考慮して、もともとの色を予想し着色するといいます。

また、GAN(敵対的生成ネットワーク)を用いた人物生成アルゴリズムにより、架空の人物の3Dアバターも生成可能。肖像権を持たない3Dアバターを手軽に生成できるというわけです。生成した3Dアバターは、身体情報の入力やアクセサリーの装着、モーションのカスタマイズでより理想に近づけることができます。

内面も自分そっくりに!?

近年、メタバース上で3Dアバターを活用して会議やイベントなどに参加する機会が増えてきました。その中で、自分を模したアバターを使うこともできるようになってきましたが、その数はまだ多くはなく、メタバース上では架空のキャラクターを3Dアバターとして使うケースがほとんど。

そんななか登場した「メタクローン™アバター」は今後、本人の肉声や表情、人格を再現するサービスを追加し、外見も内面も自分そっくりのアバターを生み出せるサービスへと進化するとのことです。

最近では、バーチャル試着に特化した「じぶんランウェイ」や、株式会社Pocket RDの完全自動アバター生成システム「AVATARIUM」など、自分によく似た3Dアバターを生成できるサービスも登場していますが、内面までは再現していません。「メタクローン™アバター」が予定通りにアップデートされると、内面まで自分のように設定できるアバターを生み出せるという点において、革新的なサービスとなるでしょう。

PR TIMES

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報