海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ANA、空港スタッフのコミュニケーションにヒアラブル端末「BONX」を導入!

Tech

ANA、空港スタッフのコミュニケーションにヒアラブル端末「BONX」を導入!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
これまで全日本空輸株式会社(以下、ANA)では、空港業務における従業員間の音声コミュニケーションツールとして、主にトランシーバーを利用してきました。しかし、無線の混戦や聞き逃しによる再度の確認、携行する端末の多さなどが課題になっていたといいます。

そこでANAは、国内主要6空港に勤める従業員に、株式会社BONXのグループトークソリューション「BONX WORK」と専用イヤホン「BONX Grip」4,000台を導入。生産性と顧客満足度の向上を目指すとともに、空港業務の中で発生している現場間の音声データを収集・解析し、現場の業務改善や新たな仕組み作りに取り組むとのことです。

距離無制限でストレスフリーにつながる

「BONX WORK」は、独自のスマートフォンアプリと専用イヤホンを組み合わせることで、距離無制限のグループ通話を実現するグループトークソリューション。スマートフォンとイヤホンをBluetooth®で接続し、話す相手とは独自のVoIPシステム(特許取得済み)で接続することで、円滑なコミュニケーションを実現します。

最大の強みは、遅延最小化アルゴリズムによる高い安定性と、発話を自動で検知し、話しかけたタイミングでのみ相手(グループ)に通信できる仕組みでストレスフリーな会話を実現できることでしょう。

話すときは、ハンズフリーモードかボタンを押して話すプッシュトークモードから選択可能。スマートフォンとイヤホンさえあれば会話ができるので、他のデバイスを持ち歩く必要はありません。また、無制限にチャネルを作れることや混線の心配がないことなどもポイントです。

プロフェッショナルプラン限定機能

今回ANAに提供されるのは「BONX WORK」のプロフェッショナルプラン。このプランでは、同時に複数のルームの会話を聞いたり、複数のルームに話しかけたりできるユニットトーク機能が利用でき、トランシーバーよりも複雑なグルーピングが可能となります。

また、トークルーム内でのチャット・音声メッセージ・画像共有が可能となるうえ、チャットの内容を音声で読み上げる機能も搭載。画像などを使ってより詳細な情報を伝えたり、画面を見ずに情報交換をしたりできるでしょう。この他、会話内容の録音・文字起こし・保存や、テキスト・音声メッセージ・画像の選択したルームへの一斉送信、特定の人と話せる個別トークといった機能もあります。

今回の「BONX WORK」導入を受けて、ANAオペレーションサポートセンターの大熊さんは、トランシーバーで発生していた課題の多くが解決されたと感じているとコメント。また、音声以外にもテキストや画像などコミュニケーション手段が各段に増え、内容や緊急度に合わせて手段を選ぶことができるようになったことなどもメリットとして挙げています。

PR TIMES
株式会社BONX
ANA 導入事例インタビュー(note)

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報