海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 配線工事不要!簡単に導入できるIoTカメラソリューション提供の協業が開始

Tech

配線工事不要!簡単に導入できるIoTカメラソリューション提供の協業が開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、高画質化や小型化が進むネットワークカメラ。監視や見守りの用途に加えて、人流解析や店舗での行動分析、遠隔監視による業務効率化、「3密」回避など、新たな活用に注目が集まっています。一方、カメラの設置に伴うネットワークの手配や電気・配線工事に多くの時間とコストが掛かることが課題として挙げられていました。

そのような中、株式会社MOYAI(以下、MOYAI)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下、CTC)の3社は、マーケティング、人流解析、監視などを目的とし、配線工事不要で短期間で導入できるIoTカメラソリューションの提供について協業をスタート。2022年春の提供開始を予定しています。

LED一体型モバイル通信搭載カメラで、監視や「3密」回避に貢献

従来と比べて、簡単に設置できるのが本ソリューションの特徴のひとつ。使用されるMOYAIの「IoTube®︎アイ・オー・チューブ)」は、LED蛍光灯と高機能カメラが一体となったIoTネットワークセンサー。既存の蛍光灯と取り換えるだけで店内や車両内などの様子を撮影できるため、電気・配線工事のコストが不要。装飾やレイアウトを崩すことなく簡単に設置可能です。

この「IoTube」に、ドコモの4Gネットワーク回線のSIMカードを組み込みこむことで、ネットワークを通して収集した動画のリアルタイムな閲覧や、AIによる動画解析を短期間で実現するプラットフォームサービスに。CTCは、データの保管やデバイスマネジメント、閲覧インターフェイスの開発に加えて、本プラットフォームのサービス運営を担います。

例えば、小売店に来店した顧客の属性分析や動線分析を行うことで、商品の仕入れや陳列、店舗設計などのマーケティングに本ソリューションを活用することができます。また、各車両内の混雑度合いを把握し、乗客のモバイル端末に混雑状況をリアルタイムに配信することで、「3密」の回避にも貢献するでしょう。

企業のDXに貢献

2022年春から提供開始する新しいバージョンの「IoTube」は、エッジ端末でリアルタイムの処理と分析を可能にするエッジAIの搭載、温度、湿度、赤外線サーモグラフィ、煙検知の各種センサーなどの標準装備を予定。さらに、超高速通信を実現する第6世代Wi-Fiや第5世代移動通信方式(5G)への対応も検討中。

なお、「IoTube」は、2021年11月24日(水)より3日間開催される「第7回鉄道技術展」で展示される予定です。

「IoTube」の機能拡張に合わせて、3社はIoTセンサー技術を利用した機能のさらなる拡充を図り、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)に貢献するとしています。

PR TIMES
IoTube紹介ページ(株式会社MOYAI)

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報