海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech コンパクトな3Dスキャナー「Revopoint POP 2」の精度は0.1ミリ、カラー検出も

Tech

コンパクトな3Dスキャナー「Revopoint POP 2」の精度は0.1ミリ、カラー検出も

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
3Dプリントを楽しんだり3Dデータを扱ったりする人にとって、あると便利なのが3Dスキャナーです。身の回りのものの3Dデータを簡単に取得することができ、ものづくりなどの幅がぐっと広がります。しかし「扱いが難しそう……」「そんなに予算がない」などとためらっている人も少なくないでしょう。

そこで紹介したいのが中国深センを拠点とするスタートアップが手がける「Revopoint POP 2」です。簡単な操作ながら、精度は0.1ミリと「プロレベル」になっています。

使い方は2通り

Revopoint POP 2はコンパクトなデザインで、三脚に固定して使えるほか、手で持って対象物のデータをスキャンすることもできます。三脚を使用する場合、物体をターンテーブルに載せて回転させます。ターンテーブルがない、あるいはターンテーブルに載せられないサイズのものなどは、デジカメで撮影する感覚でRevopoint POP 2を手で持って物体の周囲を回り、データを取り込みます。

その際、データを高精度なものにするために、またスムーズに処理を行えるように、Revopoint POP 2は高解像度のIRカメラやジャイロスコープを搭載しています。フレームレートは最大10fpsです。

ケーブルで直接データ転送

名称から察せられるとおり、Revopoint POP 2は第2世代で、精度は0.1ミリと前モデルよりさらにアップしました。また、RGBセンサーもグレードアップし、3Dアニメーションや3Dプリント用に以前にも増してビビッドな3Dモデルを作り出すことができます。

そして、用意されている専用ケーブルを使って3Dデータを直接スマホやタブレット、ラップトップなどに送ることができるのも便利です。例えば、3Dプリンターを持っている人は、オリジナルの物体をRevopoint POP 2でスキャンし、ラップトップでそのデータに手を加え、すぐさまプリントするということができます。

Revopoint POP 2は現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中を行なっていて、記事執筆時点での出資額は3264香港ドル(約4万8000円)〜となっています。出資は2022年1月1日まで受け付け、2月にも発送が始まる見込みです。

Revopoint POP 2/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報