海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech MITが「どこかに埋もれているなくしもの」を見つけられるロボットを開発!

Tech

MITが「どこかに埋もれているなくしもの」を見つけられるロボットを開発!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、「紛失物」を見つけることができるロボットを開発したと発表しました。このロボットは、カメラからの視覚データとアンテナからの無線周波数(RF)情報を融合することで、紛失物が物に埋もれて完全に見えない場合でも、そのなかから対象物を見つけてロボットアームで取り出すことができるといいます。

RFIDタグで発見

「出社するために家を出ようとしたら鍵が見つからない……。散らかった部屋からすぐに鍵を見つけなければ遅刻してしまう!」

MITの研究チームは、そんなシチュエーションで私たちを助けてくれるロボットシステムを開発しました。

「RFusion」と呼ばれる同システムは、カメラと無線周波数(RF)アンテナがグリッパーに取り付けられたロボットアームです。アンテナからの信号とカメラからの視覚入力を融合することで、紛失物がさまざまな物の下に埋もれていて、たとえまったく見えない場合でも見つけて取り出すことができるといいます。

「RFusion」のプロトタイプは、RFIDタグを活用します。RFIDは、ID情報を埋め込んだタグから電波などを用いた無線通信によって、非接触で情報をやりとりできるというもの。RF信号は、鍵を覆い隠している汚れた洗濯物の山など、ほとんどの表面を通過できるため、「RFusion」はさまざまな物に埋もれたタグ付きアイテムを見つけることができるというわけです。

あらゆる環境で機能する

さらにロボットアームは機械学習を活用することで、自動的に対象物の正確な位置に焦点を合わせ、その上にアームを移動。対象物をつかみ、正しいものを拾ったかどうかを確認することができます。

「RFusion」は、カメラ・アンテナ・ロボットアーム・AIがシームレスに統合されているため、特別な設定を必要とせずに、あらゆる環境で機能する点もメリットといえるでしょう。

紛失した鍵を見つけられるというのは当然嬉しいことですが、「RFusion」は今後さらに幅広いシーンで役に立ちそうです。例えば、「倉庫で注文を処理するために荷物を分類する」「自動車製造工場でコンポーネントを特定して設置する」「高齢者が自宅で日常業務を行うのを支援する」など……。

MITメディアラボのFadel Adib氏は「散らかった場所で特定のアイテムを見つけることができるのは、私たちが数年間取り組んできた大きな課題です。(中略)近い将来、これは製造現場や倉庫環境で多くの用途を持つ可能性があります」とコメントしました。

A robot that finds lost items

(文・Takeuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報